例会記録

第349回 例会

千代田TMC第349回例会レポート

2021年9月2日(木)19:00-21:00

オンライン例会

 

緊急事態宣言下、引き続き千代田スポーツセンターは使えないため今回もオンライン例会です。

 

本日のTMOE(Toast Master Of the Evening=司会)はVPEでもあるK木さん。ゲスト1名(S藤さん)、最終的には計13名の例会となりました。冒頭、会長よりゲストのS藤さんをご紹介頂いたのち、早速TMOEのK木さんのリードのもと例会は始まりました。

 

K木さんから紹介された今日の言葉(参加者に意識して使って見て欲しい言葉)は「cannot help (~せずにはいられない)」です。昔、cannot help ・・・ingって学校で習ったなあと思いながら、例会中に使える場面はないか思案します。

 

先ずはWhat’s new。1人30秒英語を話すコーナーでは、ゲストを含む全員が近況を報告。ここでトラブル発生。最初の準備スピーチのO内さんの論評担当のM脇さんが何故かZoomにアクセスできないとのこと。これをITに強いF川さんが携帯電話で状況を聞きながらアドバイスしています。そうこうしているうちにこの2人(二人とも本日は論評を担当)を除きWhat’s newは終了。準備スピーチに移ります。

 

今日の準備スピーチは4名、うち3名が英語スピーチとバイリンガルクラブならではのラインアップとなりました。M脇さんが未だZoomにアクセスできないため、急遽スピーチとプログラムの順番を変更し進めることになりました。

 

1人目の準備スピーチは会長のI藤さん。タイトルは”Learn Interview Techniques from Famous Quotes”。大学院生のI藤さん、既に就職活動を意識しているとのことで、英語の名言の真のインプリケーションを理解することは、就職活動の面接官の質問に通じるものがあるという面白い切り口です。リンカーンの有名な“I am not concerned that you have fallen. I am concerned that you arise”という言葉がありますが、「あなたの失敗談を教えて下さい」という面接官の質問に対しては、失敗から何を学んだかを話すべきなんです!とのこと。その他にも多数の名言とその解釈を紹介してくれたI藤さん、就職活動の面接はばっちりだなと確信しました。

 

2人目はF野さんよる英語スピーチ。タイトルは「Running」。最近フルマラソンで3時間を切ったF野さん、「なんで走るの?」と良く聞かれるそうです。その答えは、Healthy, Sharp, Happyというもの。そして「走っているとき、何を考えているの?」とも良く聞かれるそうですが、何も考えていない(無の心境)とのことでした。これがいつもバイタリーあふれるF野さんの健康で幸せの秘訣なのですね。

 

ここまで一旦休憩を挟み、テーブルトピックを先に進めることになりました司会は、私O野です。テーブルトピックは、突然ふられるテーマに各自がアドリブのスピーチを披露するコーナーですが、私は、娘たちと涙を流しながら見た「24時間テレビ」をテーマに選びました。各トピック毎にスライド(出演者の写真)をお示しした上で、「好きなジャニーズタレントあるいは芸能人は?」、「好きなお笑いタレントは?」、「今までで泣けた映画・ドラマは?」、「あなたにとって思い出の、あるいは泣ける曲は?」、そして「あなたにとってチャリティとは?」というちょっとマニアックな質問でしたが、皆さん見事な切り返しでお答え頂きました。

 

M脇さんも無事にZoomにアクセスできましたのでスピーチ再開です。(リモートでPC操作のヘルプ対応されたF川さん、お疲れさまでした)。

3人目のスピーチはO内さんによる英語スピーチ。タイトルは「How I first thought of speaking English」。英語に苦手意識のあったO内さんですが、図書館で手にした英語攻略本に書いてあった、① Not Perfect Englishで良い(日本人なら当たり前)、②カタカナEnglishでOK、等の言葉に勇気づけられ、段々と英語を克服していったお話しです。その時のご自身の思いをVocal Variety豊かに再現したスピーチに心を打たれました。

 

4人目はT中さんによる本日初めての日本語スピーチ。タイトルは「HIITのすすめ」。HIITとはHigh Intensity Interval Trainingのことで、最近通い始めたジムの話かと思いきや、「つまらない仕事」と「面白いこと(T中さんの場合はアニメだが、見ると疲れてくるシリアスなアニメ)」を交互に挟むことで、仕事において抜群の生産性が得られる!というお話です。在宅勤務が多い今、集中力を高め仕事の効率を高める方法に悩む方、多いですよね!

相変わらずユニークな発想且つウィットに富むT中さんのスピーチでした。

 

その後、トーストの特色でもある論評ステージに進みます。本日の総合論評は、広島からT永さんが担当され、全体の論評セッションを進めていきました。論評セッションでは、論評者が各準備スピーカーへのフィードバックを2-3分で行います。今回は3人が英語スピーチでしたが、論評者(A坂さん、N村さん、M脇さん)は「素晴らしいスピーチに対し細かな点も漏らさず伝えたい?」との気持ちからか皆さん途中から日本語にスイッチ。英語スピーチに対しては英語での論評が千代田の基本ですが致し方なしでしょうか。。。T中さんの日本語スピーチへのF川さんの論評含め、皆さん熱のこもった論評(アドバイス)をして下さいました。

 

ハプニングもあり、また今日はスピーチが4名だったこともあり時間が押す中、お待ちかねの今夜のベスト賞の発表。結果は以下の通り。

ベストTT:N村さんとA坂さん!

ベスト論評:N村さんとF川さん!

ベストスピーチ:O内さん!

おめでとうございます。

そして最後、見学者のS藤さんからゲスト・コメントを頂きました。千代田の雰囲気、真剣なスピーチに論評を気に入ってくれたようです(後日、入会表明を頂きました)!

 

 

 

 

第348回例会

盆明け最初の例会は、ハイブリッドならぬオンライン例会の成せる業で九州久留米から2名プラス遠くシンガポールから1名の女性ゲスト3名をお迎えしスタートしました。

会長Iさんの明るい掛け声で例会がスタート。今夜のTMOEはゲストAさんの赴任先シンガポールにも駐在経験のある国際ビジネスマン、けれど先週の盆休みはどこへも遠出できなかったOさんです。

計時係Tさん(後でNさんに交代)・集計係ゲストUさん・えーと文法係はZoomのアクセスに苦戦したもののギリギリ間に合ったMさん・例会レポートFさん、とヘルパーの役割説明が終わると、出席者全員が英語で30秒話す”What’s new”で近況報告。

今夜はお気に入りの本を紹介する「今夜の一冊」が組まれました。ITマスターのTさんがKindleで読むお勧めは、コミック「君になる」。洋書から漫画まで幅広く読むTさんが熱く語りました。

続いて準備スピーチ、今夜は3名です。

1人目はゲストのHさんによる英語スピーチ、タイトルは”20,000 yen”。スピーチの目的”To use vocal variety to enhance a speech”を見事に体現する変幻自在の演劇のようなスピーチでした。

2人目はMさん、タイトルはユニークに” トーストマスターズクラブのメンバーとしてのスピーチが出来るようになるために”。入会して3回目のスピーチ、過去2回のスピーチでの先輩会員からのフィードバックを織り交ぜ独特の語り口の情緒あふれるスピーチでした。

3人目はTさん、今夜は特に長い20.分の”今夜の一冊~シーズン2”なるタイトルのスピーチで「英語日記Boy」なる本を紹介。英語アレルギーを如何に克服するか、を語った共感できる内容でした。

時間管理の能力も問われるTMOE、Oさんの采配で予定より短めの休憩の後は、テーブルトピックス。マスターOさんが質問を投げ指名された人は瞬時に2分スピーチを組み立て答える。即興力が問われるこのコーナーの今夜のお題は、次の1万円札肖像に主渋沢栄一氏に因んだ質問が5つ。指された5人はあたふたしたりしなかったり、これに落ち着いて答えられるようになるのもスピーチです。

ここからは総合論評Fさんが会を仕切ります。

トースマスターズは先生のいない自主勉強会。スピーチは皆入念に準備しますが、他者の視点で眺めると改善点は必ずあるもの。良かった点を含めスピーカーを讃えるのが論評です。

1人目のスピーカーHさんに対しFさん、2人目のスピーカーMさんにはKさん、そして3人目のスピーカーTさんにはIさんがそれぞれ独自の観点で論評。この論評では、人の話を聞く(聴く)力が鍛えられます。
ヘルパーによる「より良く話すためのTips」が発表された後、総合論評のFさんが準備を含めた例会全体を総括します。この役割ではメタ認知、すなわち高い視点から物事を俯瞰する力が養われます、Fさんの総合論評はそれを体現するものでした。

最後に表彰。出席者全員による投票の結果、ベストテーブルトピックススピーカー賞(Iさん)、ベスト論評賞(Kさん)、ベストスピーカー(Hさん)がそれぞれ表彰されました。おめでとうございます!

千代田トーストマスターズクラブは、現場とZoomを併用してハイブリッド例会を継続しています。

このレポートを読んで千代田トーストマスターズクラブに興味を持った方、chiyodaspeech@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

第346回例会

今夜はプレゼン例会でした!これは、今年度に行う特別例会で何をテーマにしたいかを企画・発表する例会です。なんと6名もの方がそれぞれ考案した企画をスピーチしました!

 

会長兼TMOE(司会者)を務めた私I藤が開会あいさつをしました。

梅雨が明けセミが鳴き始めたことから、今夜の言葉は「風情のある」、”tasteful”です。

 

各役割の紹介の後、What’s new!でメンバーが英語で近況を報告しました。

 

そうして本日のメインイベントのテーマスピーチが始まりました。

 

一人目は、T永さんで”しおり例会”。

1泊2日程度で旅のしおりを作ってきて、その内容をスピーチするというもの!ベストスピーカーに選ばれれば、そのしおりの通り旅行をメンバーで実行する!という絶対に楽しい特別例会を提案されました!

 

二人目は、F野さんで”バトル例会”。

ビブリオバトルという、複数人が書籍を紹介し聴衆に読みたいと思わせた人が勝ちという、実際に大会等も行われているものを、例会でやろう!という企画です。いろんな本を知れる良いきっかけになりそうですね。

 

三人目は、N村さんで”ほら吹きテーブルトピックス大会”。

トーストマスターの例会のプログラムの一つである、テーブルトピックス。これは、出されたお題に即興でスピーチするというもの。N村さんの企画では、この即興スピーチをした人が次のお題を決め、次の回答者を指名するというもの。千代田メンバーの即興力が試されます、、、!

 

四人目は、私I藤の”お料理例会”。

最近料理にハマっているので、料理を持ち寄ったり作ったりして、料理にまつわる思い出のスピーチをしてもらおう!という企画でした!

 

五人目は、T中さんで”シンヲタク例会”。

各メンバーが夢中なことを、別の誰かが紹介するという、オタク×他己紹介の企画を提案されました!メンバーが何のヲタクなのか、私、気になります!

 

六人目は、O野さんで、”お花見English例会”。

神田でディナー例会をした後に、近くの花見スポットを散策するというシンプルで楽しい例会。来年の春にむけて期待が高まります!

 

休憩をはさみ、テーブルトピックへと移ります。司会はF野さん。テーマはちょうど開催しているオリンピックについて。あなたがトップアスリートだったらという仮定で、即興スピーチを行いました。K木さん、T中さん、N村さん、O野さんがそれぞれスピーチされました。

 

さて最後に、本日の表彰者発表です。プレゼンスピーチの上位3人のアイデアが実際に採用される予定です!!

 

ベストテーブルトピックス賞は、N村さん。

 

そして、プレゼンスピーチ順位は、、、

第1位 藤野さん “ビブリオバトル例会”
第2位 荻野さん “お花見English例会”
第3位 田中さん “シンヲタク例会”

となりました!おめでとうございます!!!

 

もう今から特別例会が待ち遠しいです!!

第345回例会

千代田TMC 第345回 例会レポート

定刻より、5分程度遅れて例会が始まりました。
会長I藤さんの開会挨拶に続き、本日のTMOE(総合司会者)のK谷さんにバトンが渡されました。
レモンのような爽やかな例会にしたいと、今夜の言葉は、”REFRESHNESS”、さわやかです。

本日の出席の皆様が、何度この言葉を使われるでしょうか それは、最後のお楽しみです。

では、スタートです。
計時係は、k木さん、 集計係は、M月さん、えーと文法は、Kさん、例会レポーターは、私、M脇です。

ウオーミングアップとして、出席者の皆様全員が、30秒程度、英語で自分の近況を伝えます。

本日のメインイベントの準備スピーチが始まります。
トップバッターは、O内さんです。

タイトルは、”セカンドチャンス”です。
O内さんは、トーストマスターズの再入会組です。
最初は、千葉県の市川トーストマスターズに入会して、発言力を磨き、当初の目的は達成されたとの事で退会を致しました。

しかし、スピーチ力が落ちたと自覚をして、われらの千代田TMCに再入会、見事にパワーアップ、色々、失敗をありましたが、”どんなに酸っぱいレモンでもレモネードに出来る。トーストマスターズの活動を通じて、このレモネードを世界の方に届けたいとのメッセージで締めくくってくれました。

次は、Kさんです。
Kさんは、旅行好きで有名です。
今日は、どこへ我々を連れて行ってくれるのでしょうか?
場所は、なんと富山でした。訪れた先は、高岡、氷見、五箇山です。
スライドを駆使したビジュアル効果で、まるで当地にいるかのようです。
立山連峰を控えた富山湾をノルウエーのフィヨルドになぞらえ、景色の美しさ、日本の天然の生け簀と称される海の幸の豊かさー蛍イカ、白エビ、寒ブリーの紹介もあり、誰かが、”魚食べたい”と言わせる有様でした。Kさんは、次は、私達をどこに連れてってくれるのでしょうか?

3番バッターは、F野さんです。
F野さんの流暢な英語には、思わず彼のスピーチに引き込まれて行きます。
タイトルは、”Running”勿論英語でのスピーチです。
F野さんは、ランニングを欠かしません。
ランニングへの熱い思いを語ってくれました。
彼は、何故走るのでしょうか。それは、Healthy, 健康管理だと言います。
使用前、使用後のようなF野さんの画像で、使用後の引き締まった顔が証明してくれました。

まだあります。ランニングの効用は、なんと頭脳も明晰になり、自分の人生を変えてしまうほどの力もあり、Happyになれるそうです。次に期待しましょう。

4番目は、東京を離れ、広島に新天地を求めた、T永さんです。
タイトルは、”インビジブル”です。
T永さんの勤務先もリーモト真っ最中です。
赴任して間がないので、同僚と顔を合わせたことがありません。自然と人間関係は、希薄になります。 文字通り、”インビジブル”なのです。それを打開しょうと、T永さんの挑戦が始まります。

彼が考えたのが、同僚との一対一のリーモト面談です。
彼は、自ら積極的に話をいたします。東京に残してきた家族のこと、趣味のこと・・・・

効果が現れました。
同僚が心を開いて、うちとけてくれて、上司のインサイド情報まで教えてくれる始末です。T永さんは、見事に”インビジブル”を“ビジブル”に変えたのです。
次のレポートが待ち遠しいです。

休憩をはさんで、テーブルトピックスが始まります。
当意即妙な答えが求められます。

進行役は、A坂さんです。
ロッテのホーム球場で、ホームランボールをゲットしたそうです。
彼がお題を出して、出席者が答ます。

一番目に指名されたのは、なんと私、M脇です。
人生の中で一番うれしかった事と聞かれて、自分で独立を決意し、不安でいっぱいだった私に、日ごろお世話になっていた社長から、”全面的にサポートする”との言葉をもらった事と答ました。

2番目に指名されたのは、F川さんです。
ホームランボールで一言に対して、ひょうきんなF川さん、”そのボール、500円”とA坂さんをバッサリ、これには、日頃のユーモアたっぷりのA坂さんも絶句会場は、なごやかなムードに包まれました。

3番目に指名されたのは、k木さん
オリンピックに出られるなら、どんなスポーツに出たいかの質問にK木さんらしく、意表をつく答が返ってきました。相撲です。 英国では、裸のスポーツで品がないと酷評を受けていますが、それは、文化の違いであり、巨体の力士をバサバサとなぎ倒したいとの当意即妙の答には、感心です。

時間もそろそろ終わりが近づてきました。
個人論評の時間です。
O内さんへの論評は、O野さんです。 自分の壁を壊して、より積極的に人々とかかわろうとの言葉に感銘を受けました。

Kさんへの論評は、F川さんです。 わくわく感溢れるスピーチで、すぐにでも富山に行きたいとの言葉でした。

F野さんへの論評は、I藤さんです。 ランニングをするメリットを、Healthy, Sharp, Happyと3点を揚げての説明力には感心をしていますとの言葉でした。

T永さんへの論評は、T中さんです。会社に出勤しても、30%程度の人しか見当たらず、同僚の声しか聞けない、インビジブルな状態を、T永さんの努力でビジブルにしてしまった事を高く評価していました。

総合論評は、TMOEのK谷さんです。
TMOEとの兼務で、八面六臂の活躍でした。
K谷さんが当初目指した、レモンのような爽やかな例会になりました。
K谷さん、有難うございました。

えーと文法係のKさんから、今夜の言葉の使用回数は、4回との報告がありました。

本日もいよいよ最後になりました。

各賞の発表です。

ベストテーブルトピックス賞は、K木さんです。

ベスト論評賞は、T中さんです。

ベストスピーカー賞は、O内さんです。

皆様おめでとうございます!

第343回例会

6月17日(木) 19時~21時 オンライン例会

今回のTMOE(司会者)はF野さん。
今夜の言葉は…なんとプログラムにヒントの画像入り。
乗馬用の靴に付いているギザギザしたもの、何ていうか知っていますか?
答は「拍車」、英語で「spur」。

今夜の言葉は「拍車ををかける」「spur」です。例会の中でなるべく使って、語彙を増やしていきましょう。

まずはA坂さんの準備スピーチから。
「他人に厳しく、自分に甘く」
身近な例を交えて、ユーモアたっぷりに、「他人のことが気になるなら、仕事をしてパフォーマンスを上げよう。」というメッセージを伝えてくれました。

次は、M月さん、タイトルは「ホスピタリティについて考える。」
インバウンドが進む中で、ホスピタリティ、人を喜ばせる事の大切さについて、語ってくれました。

その次は、T中さんからトーストマスターズクラブの教育システム「Pasways」についての説明。
そもそも何の為のもの?具体的に何をすればいいの?そんな疑問に応えた明確で分かりやすい説明でした。

 

 

後半は論評の部です。
先生がいないトーストマスターズクラブでは、
メンバー同士が論評をして、スピーチのよかったところと改善点を伝え、互いに切磋琢磨しています。

A坂さんのスピーチに対しての論評はN村さん
「A坂節炸裂」「ふわゆる」といった面白いキーワードが印象的な楽しい論評でした。

M月さんのスピーチに対しての論評はKさん
自分の経験談を交えた、とても温かく的確なアドバイスでした。

文法係のM瀬さんからは、スピーカーが思わず言ってしまう「え~と」などの口癖について一人ひとり鋭く分析。
また、ワクチンに関する英語表現も説明してくれました。

最後に総合論評のI藤さんが例会の総括を。
各役割について、よく見て聴いてくれている、優しさの溢れた論評でした。

………………………………………………………………………………………………………………………
今回の例会では、役員交代式が行われました。

トーストマスターズクラブには、毎回の例会を行う為に、会場を予約する会場係や役割を割り振る教育担当などの役員がいます。
その任期は7月から翌6月まで。
今回は、6月最後の例会だった為、旧役員から新役員への引継ぎ式が行われました。

旧役員の皆さん、一年間ありがとうございました!(^▽^)

7月からの一年も、新役員と協力して活気ある楽しいクラブにしていきましょう☆

第342回例会

最初のセッションはWhat’s New!全員が30秒で近況を即興スピーチしますin English。こんな世の中なので、みんなの近況が聞けるのって楽しいですね。

場が温まったところで、準備スピーチに突入!

1人目のスピーカーは、外資系バリバリのFさん!タイトルは、「上司を管理する」。もう発想がさすがですね~。上司がsnsにあげてる写真は大抵お気に入りの服着てるから、そこから好みが分かる!ほぉ~!営業マンの皆さんはこういうリサーチよくしてるんですかねw(メモメモ)

2人目のスピーカーFさんは、最近参加したホリエモン大学の体験談in English! 実はFさんは勉強熱心で、色んな場に飛び込んでいく開拓者。ホリエモン大学の様子を写真も交えながらレポートしてくれました!

3人目、Aさんの英語スピーチ”My job”。英語になってもAさん独特の、肩の力が抜けた語り口は健在!Aさんをとりまくオフライン組から、笑いがマイクに入ってきますw

ここでしばし休憩~!

ごはんちょっとつまむ人、ビールぷしゅっとする人、オンラインおしゃべりする人、それぞれ息抜き~

 

 

休憩はさんだら次はテーブルトピックス(TT)スピーチ。Oさんの務めるTTマスターが出すお題にそって、短い即興スピーチをします。本日のお題はなかなかのハイセンス☆ Oさんの提示した名言や諺にまつわる各々の体験談を話すというもの。真をついた格言にふれ、メンバーの皆さんの人生や考え方が垣間見えて、興味深いTTとなりました!

そしてそして、論評セッション!

3人の準備スピーチに対して、それぞれTさん、Mさん、Kさんが論評スピーチをしました。皆さんの視点で振り返るスピーチはまた面白く、アドバイスは他の皆にも役に立つ内容でした!

続いてKさんの、えーと文法発表。なんと、準備スピーチのFさんx2たちは、「えー」「あのー」などの無駄な間延びフレーズなし!さすがベテランスピーカー!!

今夜は印象に残る素敵な言葉もたくさん。「属性」は便利な言葉。Oさんの「自我を削る」などなど、みなさんのボキャブラリーと表現の豊かさは参考になります!

ここで!ベスト論評賞の発表!
ベストTT賞は、本日入会のOさん!ベスト論評はKさん!
ベストスピーカーはFさん!みなさんおめでとうございまーす!!

最後に~!ぱふぱふっ(らっぱ音)入会式!

Oさんご入会!千代田へようこそー!Oさん自己紹介から面白―い!

編み物は禅の境地。。一目一目編んでいるとゾーンに入る。

苗からトマトを育ててる。夜冷えないようにビニール袋をかけてあげて愛情たっぷり。「トマトが大きくなったら皆さんで食べましょう」(きゅん!)

さらにさらに、私個人的には、落ち着いてるのに明るく響く声のトーンが美人でメロメロですっ。Oさんのスピーチ、楽しみにしてます!素敵なメンバーが増えてうれしーい!

次回は6/17(木)。梅雨時ですが、千代田メンバーが集まれば雲もふっとぶエネルギー☆ また思いきりしゃべって笑って元気いっぱい楽しみましょう!

本日のレポート、Mがお届けしました~

第341回例会

千代田TMC第341回例会レポート
2021年5月21日(木)19:00-21:00
オンライン例会

総勢12名参加のオンライン例会。すっかりNew Normalとなったオンライン例会、本日も充実したとても楽しい時間となりました。
外出制限で人となかなか顔を合わせることができない中、オンラインと言えども久しぶりに皆さんと盛り上がれるのはうれしいものですよね!

TMOE(ToastMaster of the Evening=司会)は、T中さん。
ユーモアを交えながらもテンポよく的確に進行していただき、おかげでスムーズな例会となりました。

本日言葉、Word of Eveningは、「ソロ、ぼっち。」
昨今のソーシャルディスタンス、リモートでコロナ禍を反映させた言葉。TMOEのT中さんは、まさに自分のことだと卑下されていました(笑)

What’s new。1人30秒英語を話すコーナーでは、全員が近況報告。
女優の新垣さん結婚でショックを受けた話、コロナワクチンの接種、二刀流大谷翔平の活躍に元気づけられたりなどタイムリーな話題が盛りだくさん。
笑いとともにウォーミングアップ完了。

 

本日の準備スピーチは3名です。

1人目は、K谷さん。
緒方洪庵の天然痘ワクチンとの闘いがテーマ。
200年前は、ワクチン開発に年月がかかり、そしてワクチンの配布、接種会場の手配でも大変苦労しました。
現在のワクチン接種状況と重ねて、現代人が恵まれていると感じるとともに、先人への感謝の気持ちが沸いてきました。
うーん。こういう時こそ歴史を知って、長い時間軸で今の状況を客観的に見つめるということは大事だなと思いました。

2人目は、N村さん。
コロナ禍の「コロナ太り」解消のための筋トレの話し。
お題は「筋肉は裏切らない」と自身が通われているゴールドジムにちなんでます。

ご自身がトレーニングされているゴールドジムの魅力を話されました。
マシンの豊富さ、コスパ、サウナなどの施設など、人気の秘訣を分かりやすく紹介されました。
その中でも、コアなファンを掴み、そこに物販を仕掛けて、客単価を向上を図ったりとビジネスモデルにも鋭く分析され、その洞察力が印象的でした。

どんな時でも前向きに頑張っている人の話しは元気をもらえますよね!

3人目は、今回新しく入会されたM月さんのアイスブレークスピーチ。
英語で趣味の話しをされた後、最近興味を持っている本のこと、またコーラのサブスクなど短い時間の中で非常に「濃い」自己紹介でした。
コミュニケーション能力向上を目的に入会されたとのことで、仕事が忙しい中で時間を捻出して参加して下さいました。
これからお互いに頑張りましょう!

休憩を挟んでテーブルトピックスの担当は、F野さん。
テーブルトピックマスターから突然ふられるテーマに各自がアドリブのスピーチを披露するコーナー。
いつ自分があてられるか分からないので気を抜けないですが、楽しいひとときです。
今回のテーマは自己紹介ならぬ、なんと「多己紹介」。自分の身近な兄弟、姉妹、妻になどについて皆さんに紹介するというもの。
うーん。自分の身内の紹介は、簡単そうで、実は客観的に紹介するのは結構難易度が高め。
アドリブスピーチはそれぞれの本音が垣間見れるので、その人となりが反映されて面白いですね!

論評セッションでは、各スピーカーにフィードバックを行います。
総合論評は、M脇さんのコントロールです。

1人目は、T川さん
2人目は、A坂さん
3人目は、K木さん
えーと文法論評は、O野さん

そして、総合論評のM脇さんから、それぞれの特徴について、温かみがあり、かつ建設的なフィードバックを行っていただきました。
やはりフィードバックは、ちょっとした癖やしぐさなど普段自分では全く気づかないポイントを指摘してもらえるので、本当に貴重な財産ですよね。

今回は、次期千代田トーストマスターズの役員選挙。進行役は前会長のT永さん、6人の役員候補者が、応援演説、立候補スピーチに続き、公平、厳格なプロセスのもとで全員選出されました。
次期役員の方、おめでとうございます。そして、宜しくお願いします!

今夜のベスト賞は、
ベストスピーチ:N村さん
ベストTT:T永さん
ベスト論評:K木さん

本日もそれぞれの個性が光る、本当にレベルの高い例会でした。
皆さんおめでとうございます!

第340回例会

第340回オンライン例会

 

皆さん、こんにちは。

本日は私Nが例会レポートを行います。

まだGWなのでしょうが、この状況下では、この木金は仕事の方も多いようですね。千代田の皆さんも今日は仕事だったという方が殆ど。長めのお休み明け、久しぶりにお互いの元気な顔を見て、学生時代のホームルームのような雰囲気で例会が始まりました。

 

本日のトーストマスター(TMOE)を務めていただくのは、いつも例会開催のためにご尽力いただいているOさん。普段の例会でも、いつも早めに会場に来て、準備してくださっています。オンライン例会でも早めに参加し、準備はバッチリ。いつもニコニコ、和やかに例会が始まりました。

 

今夜の言葉は「Golden(素晴らしい、輝かしい、全盛の‥等)」

2週間程度会わなかっただけだけど、GW明けの皆さんはまさにGolden。やっぱり楽しい!

 

サポート係の紹介の後、「what’s up?」30秒/一人の短いスピーチを行います。

GW中にお出かけした人、近所で楽しんだ人、仕事してた人、走ってた人など‥皆さんそれぞれ楽しい休みを過ごしたようですね。

 

準備スピーチは本日2名の方。

お一人目は水産関係の仕事をされているMさん。いつも海に関係したお話しでみんなを楽しませてくれています。本日のお題は、「海の中のスモールワールド」。冒頭、皆さんを海の世界にお連れしましょいうという言葉で、テーマパークにいるような、まさにMワールドに引き込まれました。環境問題も含む知識が広がるスピーチでした。

 

お二人目はKさん。即興スピーチにおけるユーモアの効果というプロジェクトを反映したお題は「急遽、場つなぎする時のネタ帳」お題をいつくか用意して、オーディエンスに選択させるというベテランならではのスタイルです。スピーチアイデア、パワポの見せ方などいつも勉強になります!まあまあ笑いをとるネタの選び方など、興味深い内容となっていました。また、パワポにKさんのお顔が見えていて、映像だけでなく、表情も見える方法があったんだ~と初めて知りました。

 

 

今回は2名の準備スピーチでしたので、テーブルトピックスは2部制です!

第1回目は英語で、テーブルトピックスマスターは私Nになります。テーマは「health」

①What are you care about your food? – Natto by TM M

②Do you have any exercise habits? – Walking 1 hour a day by TM T

③Do you have any tips for sleeping? Being tired your body by running by TM F

④Do you have any tips for raising your immune system? – keep calm, and good sleep until wake up naturally by TM F

 

第2回目は日本語で、テーブルトピックスマスターはAさん。

①あなたが知っている変わったお祭りは?-シンガポールでの盆踊り大会 Oさん

②冬のスポーツといえば?-それはスキーでしょう Nさん

③神奈川TMCについてどう思う?-個性豊かで千代田と似てるかも Kさん

④自分をフルーツに例えると?-ジューシーな桃かな Tさん

 

ここからは、2名の準備スピーカーへの論評セクションに移ります。

総合論評はAさんです。

今夜は、1名のスピーカーに2名から論評を行います。論評の仕方、目の付け所の違いも興味深いですね。

お一人目のスピーカーMさんに対して、

お一人目の論評者はFさん。Mさんのスピーチのいいところを評価した上で、より良くするためにビジュアルを使うなどのアドバイスをされていました。

お二人目の論評者はTさん。Mさんのスピーチの擬人化法など良かった点を具体的に述べられた後、テーマを絞るなどのアドバイスをされていました。

 

お二人目のスピーカーKさんに対して、

お一人目の論評者はFさん。的確な論評とともに、冒頭の不要な言葉を聞き漏らさず、私的されていました。

お二人目の論評者はKさん。オーディエンスに選択させる方法はいいが、最後にもう一度まとめがあったほうがより印象に残るとアドバイスされていました。

 

そして、今回は4名の個人論評を論評する役が‥担当はTさんです。

さすがベテランTさん、適格に個々の論評を論評しますw

Fさんは自分もできていないけどと共感しながらのアドバイス、Tさんはスピーチを引用した論評、Fさんは退屈するスピーチ例との対比、Kさんは改善点の提起の仕方等…Tさんの論評の論評により、個々の論評、そしてスピーチをより理解することができました!

 

総合論評Aさんが改めて、例会全体の総評を行います。

 

そして、お楽しみの表彰者発表!

ベストテーブルトピックススピーカー賞

第1回目は、Fさん、Fさんの2名!

第2回目は、Nさん!

ベスト論評者  Kさん

ベストスピーカーは・・・Mさん、Kさん!!なんと、同点とは!

おめでとうございます☆☆☆

 

緊急事態宣言により、オンラインのみの例会となりましたが、画面越しでも、久しぶりにみんなが集まり、今夜の例会もとても盛り上がりました!やはり、千代田の例会は楽しいですね~そして、癒される・・・

今期もあと少し。次回は役員選挙を予定しています。

第338回例会

千代田(2021/4/1木 19:00-21:00)#338

 

こんばんは!さぁ、パワースポットに間もなく認定される千代田TMC!まもなく開始♪

 

と思いきや、あれ??zoomが繋がらない・・各所で予期せぬことがいろいろあり、急きょ参加を決めてくださったT中さんがホストをしてくださって、19時15分頃でしょうか、教育担当副会長A坂さんの挨拶で始まりました。会場は最終的に10人、オンライン7名、うちゲストが会場1名、オンライン1名(ようこそ♪)の計17人での例会になりました。コロナ禍でなくても厳しいこともいろいろありますが、みんなの顔を見るとホッとしますね!

 

さて本日のTMOE(総合司会)はM脇さん。本日の言葉は「スタート」。ちょうど本日4月1日から新しい期を迎える時期に相応しい言葉です。日本語でも英語でも同じ、わかりやすい言葉です。さぁ、みんな何回使えますかね?!(余裕だと思っていたのにうっかり使い忘れが多発(笑)。残念な結果になりました。明日日常生活で使いましょうっ♪)

 

まずは肩慣らしのウォーミングアップ、What’s New!

新しいことを30秒から1分程度で披露しあうベリーショートスピーチです。今日はハイブリッド(会場とzoom)での開催でしたが、会場の方がマイク近くの機器から話してくれたので、とても聞きやすくみんなの話を堪能できました。親切対応、ありがとうございました!

 

次は、準備スピーチ。

スピーカーが5-7分のスピーチに準備して臨むセッションです。

本日はスピーカーが4人!(教育担当副会長A坂さんの采配の賜物ですね♪いつも感謝!)

 

最初のスピーカーは、私、I上。先日のエリアコンテストに行った、T川さんのスピーチにインスパイアされたスピーチです。最後まで話せてよかった・・安堵しかありません。

 

続いて、千代田のインテリ、O野さん。O野さんのスピーチを聞くと自分が賢くなった気がします。今日は、アメリカと日本の野球についてO野さんの思いと知識を惜しみなく披露していただきました。へー、なるほど。日本の野球もなかなかのもんなのか。。。野球とは縁遠い私もその違いや凄さにいつしか深く頷いておりました。んがっ、無念、オンラインではスライドが左半分しか見えず・・でした。いいなー、会場。

 

続きまして、我らが教育担当副会長A坂さんのスピーチです。

アルペンスキーの部活動の話。当時の思い、感じたことや難しさについて語っていただきました。学生時代のA坂さんを垣間見、集団生活臭を嗅いだような、素晴らしい情景描写。A坂ワールドに連れて行っていただきまして、ありがとうございました。

 

最後は、我らがファウンダー、Kのさんです!開始直前、画面共有練習されていてううん?どんな感じなんだろうと期待が膨れるばかり。冒頭、今日は画面共有ができればよくて皆には役に立たないスピーチだと謙虚な発言。共有はスライドだけでなくそこに音を重ねてくる上級者っぷり。音楽はその時代に連れていってくれるんですね。すっかり頭がCITY POPになりました。今晩聞いてみよう♪

スピーカーのみなさん、準備と共有をありがとうございました。そしてごめんなさい、聞き入ってしまって写真をすっかり撮るのを失念してしまいました。

 

休憩中もすっかりCITY POPです。休憩中に入ってきた人は何事かと思ったでしょうね・・

 

後半の最初は、テーブルトピックスで幕開けです。

トピックスマスターが出すお題に沿って、1-2分のスピーチを即興で作りあげます。スピーチの反射神経が鍛えられますね!本日は3本。新生活に関するテーマをいただきました。T川さん、ゲストK人さん、ゲストO川内さんにお答えいただきました。大いに盛り上がって、トピックスマスターM瀬さん、タイマーとのWロール、ありがとうございました!

 

お次は論評です。トーストマスターズには先生がいません。代わりに論評者という役割のメンバーが、見つけた準備スピーチの価値を2-3分でみんなに共有します。この論評がまた後半の醍醐味。論評者のコメントを聞くことでどういうスピーチだったかを改めて知り、もう1回スピーチを楽しめるのです。今日も素晴らしい論評者に恵まれました。F野さんの論評では日本語にも文法があったんだということに気づく瞬間があったり、F川さんの改善点の伝え方でいい表現「心残り」を見つけたり、T永さん、K木さんの論評の構成にもひと工夫があり、スピーカーだけでなく聞いてるみんなが勉強できる時間になりました。論評者のみなさん、シャープな論評をありがとうございました!!

 

そして論評セッションの締めくくりは、総合論評。

総合論評者と呼ばれる役割のメンバーが会全体の振り返りを行ない、良かった点、改善点などを共有します。本日の総合論評者は、ゲストでいらしていただきましたエリア45ディレクター、K人さん(ありがとうございます!)。時間も押しているから、、とクィックな振り返りで例会をぎゅっと凝縮していただきました。

 

最後は本日のベストXX賞。みんなの投票によって決まる各賞の発表です。

ベストテーブルトピックス賞は新しいチャレンジへの決意表明をされた、T川さん!

クールな視点分析が要のベスト論評賞は、F野さん!愉快な日本語の文法解説、ありがとうございました。

そしてベストスピーカー賞は、私I上(素で驚きました..)でございました!

受賞者の皆さん、おめでとうございました。

 

15分遅れて開始した割に、最後は21時ピッタリに例会終了。TMOEのM脇さん、トラブルにも関わらず、完璧な時間配分、素晴らしい〆の言葉で例会を見事に仕切っていただきました。おつかれさまでした&ありがとうございました!!

最後、新会員になり立てM月さん。間に合って良かった。終わる前に声が聴けてよかったです♪ 次回以降も一緒に楽しんでいければと思います!

 

今晩はここまで。次回は4月15日木!次の御開帳までしばしお待ちください・・

第337回例会

3月18日 オンライン例会

今回のTMOE は、エリアコンテストにマラソンの準備、とパワフルに活動されるF野さん。                                ただ、そうした活動の結果、今夜はお疲れとのことで、今夜の言葉は、exhausted(くたびれた)

まずは、恒例のWhat ‘s newからスタート。                                                     参加者全員が英語で1分程度のスピーチを行いました。
次は準備スピーチです。
最初のスピーカーはM瀬さん。
対立した意見から新しいものが生まれるという示唆に富んだ内容でした。
2番目のスピーカーは、Iさん。                                                          コロナ禍における大学生への影響についてのスピーチ。良い点も悪い点も含め様々な変化がある事が分かりました。
3番目のスピーカーはT永さん美しい写真が満載のビジュアルエイドを用いて広島の魅了を紹介してくれました。
休憩を挟んで、次はテーブルトピックス。テーブルトピックスマスターから出されたお題に指名された人が即興で応えます。
今夜のテーブルトピックスマスターはW坂さん。

イソップ童話に関連した質問は難問ばかり。思わぬ質問にどう答えるか?頭をフル回転させ即興スピーチの瞬発力が鍛えられました。

その後は論評。
論評の担当者が準備スピーチに対しての前向きなフィードバックを行います。
論評者は、
M瀬さんのスピーチに対してはA坂さん
Iさんのスピーチに対してK木さん

T永さんのスピーチに対してはT川さん

最後に各ベスト賞の表彰です。
ベストスピーカー、T永さん、
ベストテーブルトピックス、K木さん、
ベスト論評、T川さんでした!

第336回例会

例会レポート3/4

今日の例会のメインは、2週間後に行われる「ディビジョンコンテスト」(トーストマスターズ全体で行われるスピーチコンテスト大会の第3回戦)に進出する、2名の会員の練習スピーチ&ディスカッションの予定でした。

ところが直前になって、当クラブへの見学希望の方・他クラブの会員の方の当クラブ来訪のお知らせがあり、また、当クラブ新規入会の方の入会式が加わるなど、バラエティに富んだ例会となりました。

 

さて、本日の例会司会者はA坂さんでした。A坂さんの進行の下、本日の最初のスピーチは、K木さんの『ヒトラーに学ぶ大衆扇動術:ロジック編』。ちょっと物騒なタイトルですが、大衆を巻き込むという点において少なくとも歴史に名を残す演説の名手であったドイツの宰相、アドルフ・ヒトラーが使用していたスピーチロジックの特徴について、トーストマスターズでのスピーチと比較しながら、スライドを使いながら説明していました。

 

2番目のスピーチは、ディビジョンコンテストの練習スピーチ1人目。当クラブのF野さんの『Keep Calm』(英語スピーチ)。離職・転職の経験から得た気づきを訴えるものでした。

3番目のスピーチは、ディビジョンコンテストの練習スピーチ2人目。当クラブと付き合いの長い某クラブ、Oさんの『つよみ』(日本語スピーチ)。外見上のコンプレックスをいかに克服したかという話でした。

 

その後、K木さんのスピーチにはM脇さん、F野さんのスピーチにはKさんとMさん、OさんのスピーチにはT永さんがそれぞれ論評(フィードバックスピーチ)を行いました。

 

そして次に、T川さんのコントロールの下、参加者全員で、F野さんとOさんの各スピーチに対する、自由発言方式での論評&ディスカッションを行いました。

 

通常の例会の論評ですと、「ポジティブマインド」をベースに次のスピーチへの動機付けとなるようなコメントやアドバイスが多いのですが、スピーチコンテストは一発勝負なので、F野さんとOさんには、「勝つ」ための中々に厳しいコメントが飛び交いました。これも、ここまで2回の優勝を経てきた二人に対してだからこそできることです。

 

さて、その結果はいかに・・・。

 

・本日のベストスピーカー賞:F野さん。

・本日のベスト論評:M瀬さん。

・本日の新規入会者:M月さん。ご入会おめでとうございます!ともに向上し合いましょう!

 

 

※後日談

Oさんは見事、ディビジョンコンテストで入賞となりました。F野さんは残念ながら入賞ならずでしたが、より洗練された・伝わりやすいスピーチを展開できていたように思いました。また、F野さんの応援を通じてクラブ全体がまとまることができました。来年に向けて、皆でスピーチのスキルを磨いていきたいと感じました。

エリア45スピーチコンテスト レポート

 

2021年2月21日(日) (オンラインにて開催)

・英語コンテスト13:00〜(運営:日本橋センチュリーTMC)

・日本語コンテスト15:20〜(運営:千代田TMC)

(エリア45所属クラブ:札幌パイオニア、千代田、日本橋センチュリー、ワンアステラス)

 

トーストマスターズクラブでは年に一回、スピーチコンテストが開催されます。

まずは各クラブでのコンテストを行い、そこで勝ち抜いたクラブの代表が、エリアコンテストに進みます。

エリアコンテストでは、4つほどのクラブの代表者がスピーチを競い、さらにそこでの優勝者が、ディビジョンコンテストに進みます。

そしてディビジョンコンテストの優勝者が全国大会へのキップを手にします。

 

今回のエリアコンテストでは、

我らが千代田TMC代表として、英語のスピーチでは、F野さん、T川さん、日本語のスピーチでは、A坂さん、T川さんが出場しました!


そして、結果は…

・英語コンテスト結果:

一位 F野さん(千代田)

二位  Gさん(日本橋センチュリー)

三位  Y田さん( 札幌パイオニア)

 

・日本語コンテスト結果:

一位 Oさん(日本橋センチュリー)

二位 U田さん(日本橋センチュリー)

三位 T川さん(千代田)

 

千代田トーストマスターズのF野さん、T川さんが見事入賞!

おめでとうございます!

そして一位のF野さんは次のディビジョンコンテストに駒を進めます!

第335回例会


皆さんこんにちは。本日はF川がこのレポートをさせていただきます。

本日もオンラインのみでの例会となりました。今回の例会は、N会長不在で、I藤さんが会長代役兼Toastmaster of the evening (司会)として例会をコントロールしていただきました。非常にスムーズでした。今回はエリアコンテストの準備として、英語と日本語のスピーチ、合計5つが行われました。最初に英語スピーチ2つ、その後日本語スピーチ3つを実施されました。

TM F. delivered a speech about his harsh experience due to the company that he used to work for being restructured.  It was emotional speech, but he told us not to be emotional as conclusion of the speech.  T川さんからは、T川さんがトーストマスターズに参加したい理由として、単なるスピーチの場だけではなく、千代田トーストマスターズの人たちのような変人たちと楽しい時間を過ごせるのが楽しいということでした。 絵を描くのが得意なK谷さんからは、大好きな絵を描くこと関するスピーチをいただきました。A坂さんからは、「皆さんは幸せはですか」という一言で始まり、20代のころの不幸な日々と、どうやってよくしていったか、どうやって今の伴侶を見つけたかなどについてお話しいただきました。

残念なのが、5名中3名が時間オーバーで、投票対象者が2名でした。


最後はメンバー全体で論評し、皆さん非常にロジカルだけど心温かいコメントをたくさんいただきました。

皆さん忙しい社会人、突然参加できなくなった方や途中で参加せざるを得なくなったスピーカーなどおりましたが、うまくコントロールしていただき、非常にスムーズでした。最終的に13名参加で、大変盛り上がりました。

 

第334回例会

本日の第334例会は、年に1回のスピーチコンテストでした。トーストマスターズでは全世界中のクラブがこのシーズンにスピーチコンテストを行い、スピーチ世界チャンピオンを決定します。

千代田トーストマスターズクラブでは、英語の部で6名、日本語の部で4名が、次レベルコンテストの出場権をかけてスピーチの腕を競いました。

 

<英語コンテスト>

コンテスト委員長(司会) K木

審査委員長 T中さん

 

出場者:

1.F野さん ”How can I do?”

2.N村さん ”Work”

3.T川さん ”Art of life”

4.F川さん ”Do something”

5.O野さん ”Big Mentor in Texas”

6.K崎さん ”Two are better than one”

 

入賞者:

1位 T川さん

2位 F野さん

3位 K崎さん

 

 

<日本語コンテスト>

コンテスト委員長(司会) K崎さん

審査委員長 O野さん

 

出場者:

1.T中さん 「無茶ぶり」

2.A坂さん 「ターニングポイント」

3.T永さん 「芝刈り」

4.T川さん 「ダイバーシティ」

 

入賞者:

1位 T川さん

2位 A坂さん

3位 T中さん

 

 

T川さんが日英二冠達成です!

 

英語はT川さんとF野さん、日本語はT川さんとA坂さんが、2月21日に行われる次レベルコンテスト(エリアコンテスト)に出場されます!

 

 

 

第333回例会

2週間前の1/7に対面例会をした翌日政府から緊急事態宣言が発令され、今年2回目の例会はコロナ仕様のオンラインとなりました。

 

Zoom接続のトラブルで数分遅れてN村会長の開会宣言。

 

今夜のトーストマスターズ(ToastMasters Of the Evening, TMOE=司会)は、メールアドレスからご自身のお仕事を彷彿させるK木さん。

19時開始の例会にお腹をすかせて参加した(例会レポート担当の私F野は夕食を終えてから参加しました 笑)K木さんが選んだ今夜の言葉は、

“Hungry 

日本語では「腹減った」じゃなかった、「お腹空いた」、

まぁ、同じ意味なので、どれを使ってもOKです。参加者がトークに取り入れると、その余裕を讃え皆で机を叩くお約束です。

 

計時係; 開始時間には厳格でも終了時間には甘い我が国の会議打ち合わせ、そんなだらけた雰囲気を一掃したいあなた、千代田トーストマスターズでスピーチファシリテーションの時間管理の訓練をしませんか。そのお手伝いをしてくれる計時係はN村さん。

 

集計係; 準備スピーチ・それに対する論評・即興スピーチのテーブルトピックスピーチ、それぞれのカテゴリーで出席者間投票によるベストスピーカーを選びます、管理をする集計係はT川さん。

 

えーと文法; 人前で話す機会の多い政治家でも多い「えーと」などの言い淀み・Filler Words、スピーチの中から珠玉の表現や文法あるいはその誤用をチェックするえーと文法係は、M瀬さん。

 

この文書写真で例会の様子をまとめる例会レポート係は私F野

 

例会を支えるヘルパーの説明を各人1分で説明します、これもスピーチです。

 

 

次はWhat’s new”、日英バイリンガルクラブの千代田TMCは「一言でも英語を話そう」のコンセプトの下、30秒英語で近況報告。

家事の怠慢を奥様に叱られたA坂さん(こういうのがオンライン例会のおもしろいところ)を除いて、出席者全員がエピソードを披露しました。

 

準備スピーチ、T中さんが業務多忙でキャンセルとなり今夜は2名です。

 

First speaker was Mr. O. he made a speech titled “Santa Clause”, he introduced heartwarming family episode with his two cute daughters about Christmas event.

 

2人目のスピーカーは、M脇さん、タイトルは「日本の漁業の現状」 地球温暖化とモラルの低い掟破りの漁師の責任で直面している危機的な現状を、熱く語っていただきました。

 

休憩の後は、帰宅するなり家庭の事情をZoomを通して暴露し序盤焦りまくったA坂さんがマスターとしてお題を提供するテーブルトピックスのコーナー。

即興スピーチなので何を話しても面白ければそれで良いのです。但し、時間は守りましょう。

 

続いて論評。

トーストマスターズはスピーチやリーダーシップ、ファシリテーションや時間管理などビジネスパーソンに必須のスキルをクラブや例会・あるいは研修などを通じて幅広く学べるコミュニティですが、先生はいません。

お互いがお互いを高め合い励まし合うために、周到な準備をしてスピーチした人に対する論評のフィードバックをします。

 

First evaluator was Ms.T, she provided overall soft but a bit bitter evaluation with her unique perspective to the first speaker Mr. O.

Second evaluator was Mr. M, he suggested some advises for improving body languages to Mr. O.

3人目の論評者は、N村さん。長所を見つけるのが得意なN村さんらしい論評で、2人目のスピーカーM脇さんを励ましました。

4人目の論評者は、私F野。M脇さんスピーチの素晴らしい点を挙げた後に、僕ならこうするとの視点で提案をしました。

 

多忙なF川さんがいつもの調子で今夜の例会を総合的に論評し、いよいよ表彰。

 

ベストテーブルトピックスピーカー; T川さん&K木さん

ベスト論評賞; T川さん&F野

ベストスピーカー; O野さん

 

オンラインではありましたが、今夜も刺激的な楽しい例会は時間通りにお開きとなりました。これは決して偶然ではなく、TMOEのK木さんをはじめ会員各々が時間管理を意識しているからに他なりません。私F野は例会2日後の土曜日にこの例会レポートを書いていますが、終了が予定より40分も遅れた昨日金曜日の電話会議を思い出しました。改めて、時間管理の重要性を認識しました。

第332回例会

あけましておめでとうございます!

2021年、新年初めての通常例会です。

 

新年おめでたい気分でしたが、新年早々、なんと翌日から緊急事態宣言が発令されるということで、前日ギリギリ、会場参加10名+オンライン参加2名、計12名でのハイブリッド例会を行いました。

 

本日のTMOEは我ら千代田TMCのチャーターメンバーで大ベテランのKさん。

今夜の言葉は「stimulating」いつも皆さんに刺激を受けている私です。

 

例会を支えるサポート係は、計時係Mさん、集計係Aさん、えーと文法係Mさん、そして、例会レポーターは私Nです。

 

まずは、ウォームアップの‘what’ up?’からスタート。30秒で次々最近あったことなどを英語で話していきます。やはり年末年始の話題が多かったですね。

 

準備スピーチは3名。

一人目は、Kさんの英語スピーチ‘An Ideal Mentor’

今回のスピーチの目的メンタリングについて、魯迅とその師とのふれあいを通して表現していました。

 

二人目は、Fさんの英語スピーチ‘Bucket List’

新年らしいFさんの決意がみなぎる内容でした。いつもsmile, focusそしてenergeticなFさんにいつも刺激を受けています。

 

三人目はTさんの日本語スピーチ‘失敗して前向き’

いつも前向きで明るいTさん。マラソンもトーストマスターズも継続して続けることの大切さを教えていただきました。チャレンジ精神さすがです。

 

テーブルトピックスを担当するのは、いつも会場を盛り上げてくれるTさん。こちらも新年に相応しい楽しいトピックスでした。

・あなたが初夢で見たい夢は?→Tさん

・あなたがニヤニヤしてしまうことは?→Fさん

・あたなが今年やりたいことは?→Oさん

・目標達成したいことは?→Kさん

 

論評タイムが始まります。1人のスピーチに対し2人が論評を行っていきます。

Kさんに対する論評はNさん、Mさん

Fさんに対する論評はAさん、Tさん

Tさんに対する論評はOさん、Mさん

 

えーとカウンターMさんの詳細なレポートの後、総合論評のKさんが本日の例会を振り返ります。1人のスピーチに対し、2人が論評を行っているのに、意外と重複していない、違った視点で論評をしているというKさんらしい鋭い指摘があり、自分でも気づいていなかったことに感服しました。

 

お楽しみの表彰式は・・

ベストテーブルトピックス賞 Kさん

ベスト論評賞 Tさん

ベストスピーカー賞 Tさん

おめでとうございます☆




今年もみんなで楽しく、ともに成長していきましょう。

よろしくお願いします!

第331回例会

千代田TMC331回例会レポート

20201217(木)1900-21:00

クリスマス・ハイブリッド例会

 

今年最後の例会は、見学者3名!を含む総勢14名のクリスマス・ハイブリッド例会です。

「クリスマスにちなんでを交えたコスチュームで出席を」との事前呼びかけもあり、楽しい雰囲気での例会となりました。

例会レポートは急な仕事対応来られなくなったT永さんに代わりO野が担当、初のレポーターを引き受けたものの勝手分からず少々纏まりの無いレポートになりますがお許しを。

 

本日のTMOEToast Master Of the Evening=司会」は、会長のNさん。

ご自身はトナカイの髪飾り、そして持参されたサンタの帽子2つは会場参加のゲスト2名(M月さん、M川さん)にかぶって頂きました。

 

先ずはWhat’s new130秒英語を話すコーナーでは、ゲストを含む全員が近況を報告

大学院生のI藤さんは独り暮らしをスタート!親の有難さが分かるとのコメントにホロリしたのち、準備スピーチに進みました。

 

1人目はわたくしO野が担当

タイトルは「君子豹変」

パスウェイズの課題は「自分のコミュニケーションスタイルを理解する」で、これはどのパスウェイズでも設定されており、トーストのメンバーなら誰でも通るパスです。

上司の君子豹変を招いた自身の経験をもとに、仕事上モットーとしている(今後も心掛けたい)スタイルを皆さんに共有させて頂きました

 

2人目の準備スピーチM瀬さん。

タイトルは「レモンをレモネードに変える」。

自分の考え方ひとつで酸っぱいレモンもおいしい飲み物に代わる(=ピンチをチャンスに変える)意味の英語の名言When life gives you lemons, make lemonadですが、M瀬さんはこの気持ちで直近の入院そして自動車事故(接触)という二つのアクシデントをポジティブな気持ちで乗り切れたそうです

 

3人目はF川さんによる英語スピーチ。

自分のしたいことを思い描き実現するために突き進むことがモットーであり、自身の会社を設立したF川さん。

参加者に対しPlease take risk”, World is always fair”, “Life is always balance”などのF川さんの座右の銘とともに、参加者に後悔しない人生を問いかける、熱いスピーチでした。

 

休憩を挟んでテーブルトピックスの司会は、Iさん。

テーブルトピックマスターから突然ふられるテーマに各自がアドリブのスピーチを披露するコーナーですが、1年最後の例会、今年1の総括(達成したこと、後悔したこと等何でも)を求めるオーソドックスながらタイムリーなテーマでした。

 

A坂さんからは、コロナにより野球観戦が十分できなかったこと。また枕投げ大会が中止となったこと、コロナ収束を切に願うこと(千代田の二次会もいつもの賑わいに早く戻したい)。

N村さんからは、“ダイエットに挑戦し、腹筋ローラーで大きな成果がでたこと(来夏にはビキニに挑戦?)。”

ゲストのM川さんからは、“仕事ではグループのリーダー研修に参加し大いに刺激を受けたこと、プライベートでは柔道を再開したこと。”

K谷さんからは、“社内で勉強会を主催したところ、テーマとなった資格にチャレンジしたい人が多くあらわれたこと。参加者をモチベートする上でTMCでの経験が大いに役立ったこと。”

最後にゲストのT澤さんから、“コロナ危機の中、(東日本大震災時にもまして)自分の気持ちの在り方が変わったこと”など。

皆さんのコロナ環境下での思い、工夫、そしてあらたな発見が大いに垣間見れるスピーチでした。

 

その後、トーストの特色でもある論評ステージに進みます。

本日の総合論評は、Kさんが担当され、全体の論評セッションを進めていきました。

論評セッションでは、論評者に準備スピーカーへのフィードバックを行います

以下、私の感想とK谷さんの総合論評時のコメントが少々混ざってしまい恐縮です。。。

 

1人目の論評者はKのさん。

O野への論評は3月のIce Breaker以来2回目となりますが、当時受けた印象これまでの例会等振り返って頂きO野さんがTMCに入った理由は、ご自身が君子豹変したかったのではないか?プライベートな場でのコミュニケーション力を高めたかったのではないか」とのコメントがありました。

Kのさんの深い洞察力、そして相手の立場に立った論評には私もそして参加者も感嘆。

K谷さんからも「Kのさんはスピーカーとの信頼関係を構築するのが上手い」とコメントありましたが、まさにその通りだと思います

 

2人目の論評M瀬さんに対するT川さんの論評。

今回のM瀬さんのテーマは「説得力のあるスピーチを行う」でしたが、T川さんからは「今回は構成がとても論理的でわかり易かった」等、これでT川さんにとっては3回目となるM瀬さんの論評、M瀬さんのスピーチの特徴、着実な進化を捉えた上でのコメントでした

いつも仕事上そしてプライべートの気付きになるウィットに富んだM瀬さんのスピーチ、私も楽しんでいます。

 

3人目の論評はF川さんに対するM脇さんから論評。

今回珍しく真剣な”F川さんのスピーチに対し、同じく会社を経営するM脇さんからの熱いメッセージがありましたK谷さんから共感あっの思いが感じられたM脇さんの熱意が伝わってきた論評だったとのコメントがあったように、熱いスピーチに対し熱い論評を頂きました。

 

えーと文法論評は、T中さん。

いつものように丁寧なチェックおよびサジェスチョンでした

アニメが趣味のT中さん、今日のクリスマス例会に合わせ耳を引っ張るとサンタウサギの耳がぴょこっと上がるコスチュームでカウント頂きました。

私もスピーチ中、ぴょこっと上がる耳に何度か気づきましたが、「えーっと」の回数が5回と最多だったとのこと、反省です。。。

 

最後に総合論評のK谷さんから、「TMOENさんによる、クリスマスの赤のコスチュームの事前呼びかけ、そして各スピーチに対するフォロー等あり、とても盛り上がった例会だった。

またテーブルトピックのテーマも今日の例会にふさわしく、またゲストの方も積極的に参加頂き良かった。との総括コメントがありました。

 

そしてお待ちかねの今夜のベスト賞の発表。結果は以下の通り。

ベストスピーチMさん!

ベストTTNさん!

ベスト論評Kさん!

おめでとうございます。

 

そして最後、今回は3にご見学頂いたため、Q&Aコーナーを設けコメント頂きました。

 

M川さんからは、「良い意味で厳しく、ストレートな論評で驚きでした」というTMCならではの論評に対するコメント、そして「英語と日本語のスピーチはどちらが多いのか」との質問がありました。

英語と日本語、どちらもOKなのが千代田の魅力ですよね。

 

次にTさんからは「教育プログラムのパスウェイズのように使われているのか?」との質問。

これに対してはディビジョンDディレクターでもあるT中さんより、「ステップ1でスピーチに共通する課題を学んだのちステップ2では各人の目的に応じ選択できること。

Dynamic LeadershipEngaging Humor等、どういうスピーカーになりたいか、スピーチ力を磨きたいかにより様々な選択肢が用意されている」ことを説明。

 

最後に3回目の見学となったM月さんより千代田への感想そして入会表明を頂きました!

またMさんからも「入会を前向きに検討したい」とのコメントがありました。

新年、あらたなメンバーを迎え、千代田を盛り上げていきたいですね!

皆さん、良いお年を。

第330回例会

第330回例会レポート

開催日時: 2020年12月3日(木) 19:00-21:00

 

 

「千代田はパワースポット」。

そう言ったのは誰だったっけ・・本日もパワースポット、御開場です!

 

本日例会レポートは私、I上ですが、パワースポットに到着が遅れ、最初はマイクが使えないというトラブルに。

オンラインハイブリッド例会ではなく、あわやオンライン配信される例会をテレビのように見るだけになるところでした(汗)!

サポートいただきました皆様、ありがとうございました。

 

さてさて例会のほうに話を戻しましょう。

 

 

例会自体は時間通りスタート!

総勢10名、ゲスト1名(2回目のご参加!)、オンサイト8名、オンライン1名の参加となりました。

 

本日のTMOE(総合司会)はT中さん。

本日の言葉は「Awesome!」。かっこよく言ってみたい英語の一つです。今日は何回言えるかな・・・

この方、一人で何役かこなされても顔に出ることがありませんが、「一人では例会は成り立たないので」とヘルパー紹介をスムーズにされていたのが印象的でした。

 

 

お楽しみ、準備スピーチは本日2本になりました。

 

お一人目はKさん。

1つのスピーチと見せかけて実は珠玉のショートスピーチ集!

Go To Eat、画家などを題材に、「ネット回線つながらないときに使える小話として」など、普段自分の生活にも応用できるアイデア、素晴らしい7分間でした。

 

お二人目はA坂さん。

子供の頃の夢をテーマにスピーチ中に日本縦断です。

A坂さんの行動力を背景に情景の描写が素晴らしく、皆さんの脳裏でちびA坂さんがビジュアル化された素晴らしいスピーチでした。

 

続いてはテーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーです。

トピックスマスターはN村さん。

N村さんが前に出てくるだけでワクワク感があるのは私だけでしょうか?

 

本日は仮定法、「もしXXXなら、私はYYYするのに」という想定で話すことに。

預言者、Nさん、有名YouTuber、JKと楽しいトピックスが繰り広げられました。

 

続いてひみつのコーナー。

こちらのひみつマスターは、テーブルトピックスマスターと同じN村さん!

トピックスの宝庫でしょうか。ガラガラと黒板が裏側にセッティングされ、ワクワク感が止まりません!!

ひみつのコーナーは、実は「マジカルバナナ」でした。参加者9人全員で行います。

これは11月の合宿中に開発されたコーナー。話した人が次のお題とそのお題を話す人を次々指定していきます。

 

本日は最初と最後だけお題が設定されました。

 

最初は東京、最後はトーストマスターズ。

さぁ、うまく帰ってこれるかな??

 

杞憂でした!

無事戻ってきましたが、途中衝撃の告白が!喜ばしくも寂しい。

いろいろなお題をもとに時空を旅するような感覚になったひとときでした。

話の中身も面白いですがお題の選び方もキラリと光るセンスが出て、さすが千代田!!

 

最後はこの例会をみんなで振り返る論評のコーナーです。

本日の総合論評はM脇さん、心もとないご表情とはウラハラにさくさく進行されていきます。

論評は3人から行われました。

 

さて、本日のベスト賞。今日のみんなの感触を賞という形で振り返る素敵なひとときです。

 

ベストテーブルトピックス賞はJKのお題を見事に制された本日のTMOE、T中さん。

 

ベスト論評賞はT永さん。

 

ベストスピーカー賞はKさん。みなさん、おめでとうございました!!

第328回例会

千代田TMC第328回例会レポート
2020年11月5日(木)19:00-21:00
ハイブリッド例会

本日は、総勢8名参加のハイブリッド例会です。
オンライン参加3名、会場参加5名と、いつもよりだいぶコンパクト例会。
一人のメンバーがダブルロール、トリプルロールをこなしました。
人数が少ない例会こそ、スピーチの機会も増え、場数をこなせるので、自分のスピーチの腕を磨くチャンス!

本日のTMOE(Toast Master Of the Evening=司会」は、F川さん。
ベテランらしい采配で、まだ決まっていなかったロールなどスピーディーにてきぱき割振り、スムーズに進行して下さいました。

そして、Word of the eveningは、「Full of spirit(元気いっぱい)」で決まりました。

まずウォーミングアップにWhat's new。
1人30秒英語を話すコーナーでは、全員が「What's new」英語で近況を報告を行いました。

お待ちかね本日の準備スピーチは3名です。

1人目は、T中さん。スピーチタイトルは、「理想のチーム」
T中さん独特の視点で、理想のチーム論を語っていただきました。
ラグビーのワンチームなどの話から始まりましたが、ここはやはりT中さんと言えば、アニメコンテンツ。
アニメコンテンツから読み取れる組織論とても面白かったです。
例えば、超ボトムアップ型リーダー論、バンド経験はないメンバーが「情熱」によってみるみる上達する話、また、自分には替えがないと思い込んでしまうことでプレッシャーを抱え込んでしまい、逆に「お前はいつでも替えきく」と諭すことで部下のプレッシャーを取り除いていくリーダーなど。これぞ深いい話でした。

2人目は、K野さん。スピーチタイトルは、「適当万歳!」
K野さんは、以前は人が時間を守らないことなどが許せなかった自分が、時を経て、いつしか「適当力」に目覚めることで他人に寛容になっていったという話。
ここでもコンパクトは例会の魅力は、聴衆との対話をしながら進めていけるところ。
K野さんも聴衆と一体になってリラックスした雰囲気でユーモアを交えながら自身の性格の変遷を話されました。
ヒトに優しく!そのためには適当力が欠かせません。。

3人目は、私M瀬。スピーチタイトルは、「人は見た目が9割」
25年前オウム事件に医者などのエリートたちがどっぷりと悪の道に陥ってしまったのを不思議に思い、「人を見た目で判断する」感性、美意識が実は大事なのでは考え至ったという話。
その他、面接官としての人を見た目で判断するコツ、また、文字通り竹内一郎さんのベストセラー「人は見た目が9割」から人に見た目で判断されてしまう、ボディランゲージなどを紹介。

休憩を挟んでテーブルトピックスの司会は、O野さん。
テーブルトピックマスターから突然ふられるテーマに各自がアドリブスピーチを披露するコーナー。
いつ自分があてられるか分からないので気を抜けないですが、何とも言えないハラハラドキドキを味わえるのが魅力です。

今回は、O野さんも駐在経験があるタイムリーなアメリカの話題。
大統領選で盛り上がる「アメリカ」がテーマ。
それぞれアメリカの魅力とは、アメリカの好きな食べ物、プロスポーツ、旅行してみたいところなどを話します。
など、O野さんは、質問にしっかりと説明をつけて流れをつくって下さっているので、回答者にとってとても話やすい場を作って下さいました。
Wishing America Great Again.
日本にとってアメリカはいつまでも魅力なフロンティアでいて欲しいものですね!


論評セッションでは、各スピーカーにフィードバックを行います。
総合論評は、Iさんのコントロールです。

1人目の論評は、M脇さん
2人目の論評は、O野さん
3人目の論評は、T川さん
えーと文法論評は、T中さん

総合論評のIさんから、それぞれテーマの選び方など独自の切り口から非常に建設的なフィードバックを行っていただきました。
M脇さんのT中さんへの論評は温かみがあり、かつご自身の経験から共感したところを重ね合わせたポジティブな内容でした。
また、O野さんは、イントロの入り方、また全体的な流れ、構成面のフィードバック。
3人目のT川さんは、シビアながら愛情のある鋭い論評。特に構成面とボディランゲージ、また目線の向け方の指摘。
えーと、文法係りのT中さんは、口ぐせを話た回数だけでなく、良かった言葉などを細かくフォロー、紹介して下さいました。

まさにトーストマスターズの魅力は、何と言っても論評です。
ある程度年齢を重ねると、家族からも、友達からも、なかなか得られない貴重なフィードバック。
これが今後の改善点や次に向けた課題、気づきに繋がり、それぞれの成長の糧になるとつくづく実感します。

今夜のベスト賞は、
ベストスピーチ:M瀬
ベストTT:Iさん
ベスト論評:M脇さん

皆さんおめでとうございます!

第327回 ハロウィン例会

今回も、私F川が例会レポートをさせていただきます。主に写真を共有させて頂こうと思います。

今回はO野さんがTMOE(司会進行役)となり、進めていただきました。ハロウィン例会ということで、皆さん仮装での参加でした。各自持ち込みのお酒で皆さん普段と違った例会を楽しみました。オンライン参加も可能なハイブリッドな会でした。

第326回例会

千代田TMC第326回例会レポート
2020年10月15日(木)19:00-21:00
ハイブリッド例会

本日は、総勢13名のハイブリッド例会です。本日も盛り上がりましたよ。
半年ぶりに会場に足をはこんで下さった方もいたり、オンライン参加の方が数が大分少なくなり、通常の例会に雰囲気が近くなってきました。
Withコロナで感染を防止しながらの例会ですが、やはりFace to Faceで顔を合わせられるのはいいものですよね!

本日のTMOE(Toast Master Of the Evening=司会」は、K野さん。
まずは軽快なトークで始まりました。的確に全員にしっかりと気を配ることが出来、余裕の司会っぷりです。

Word of the eveningは、「Comfortable」で決まりました。
秋の気配を感じる時世を意識してのテーマです。

What's new。1人30秒英語を話すコーナーでは、全員が「What's new」英語で近況を報告。
GoToトラベルの話題なんかも出て、少しずつ世の中も少しづつ活気が出てきていることを感じます。
何はともあれ、まずは元気が一番!

お待ちかね本日の準備スピーチは4名です。

1人目は、K崎さん。タイトルは、「思い切って質問タイムにしちゃいましょう」
K崎さんの人柄を知るべく事前に用意した質問をK崎さんにぶつけ、それに対し、K崎さんが回答するというスタイル。
コンプレックスは?、余命1年を宣告されたらやりたいこと?、恋愛での失敗話など、なかなか普段聞けないような話が飛び出しました。
K崎さんは、非常に整理されているスピーチだけでなく、常識を覆すような面白いアイディアにかかんにチャレンジされるので、とても楽しいです。

2人目は、K木さん。タイトルはなんと「ヒトラーに学ぶ大衆煽動術」
効果的なボディランゲージという課題で、ヒトラーが第二次世界大戦中にどのようなして、巧みに大衆を操ったかという話。
左右の手の使い方、抑揚のツボなど歴史の教科書では学べない、様々なトリビアが飛び出して勉強になりました。
これもまたトーストマスターズの魅力ですよね!

3人目は、I上さん。タイトルは、「あー、いい人生だった!!!」
めちゃめちゃポジティブなタイトルですが、実は今年人知れずメンタルが「ひざが地面につきそうだった」というI上さんの見事なストーリーテリング。
「リバースエンジニアリング」という手法に出会ったことで、自らの行動、思考を見直し、変えるきっかけになったことをユーモラス、かつ実演を交えて展開。
訪問介護の方との対話など心温まるとても素敵な話でした。

そして4人目は、N村さん。タイトルは、「It doesn't matter」。自らのアメリカ留学時代に出くわしたLGBT社会のエピソードの英語スピーチでした。
まだ10代というナイーブな年代で、そしてその当時日本ではLGBTという言葉すらもない時代に、ホームステイ先の隣に住む男性3人。兄弟かと思ったらカップルだったという驚きの事実を知る。
たまにN村さんに合うと、「You are most beutiful girl I've ever seen」とほめてちぎっていたのにそのまさか展開とは。。 
でも、そこは「It doesn't matter」。性差を超えて社会がそれを受け入れるというN村さんの懐の深さの原点が垣間見られたとても面白い話でした。

休憩を挟んでテーブルトピックスの司会は、F川さん。
テーブルトピックマスターから突然ふられるテーマに各自がアドリブのスピーチを披露するコーナー。
いつ自分があてられるか分からないので気を抜けないですが、楽しいひとときです。
F川さんは、K崎さんのスピーチで使われた質問シートをそのまま流用するというまさかの展開。
こんなのあり?(笑)でも、K崎さんの質問シートのおかげで他の方からも本心が聞けてめちゃくちゃ盛り上がりました!

論評セッションでは、各スピーカーにフィードバックを行います。
総合論評は、Kさんのコントロールです。

1人目の論評は、T中さん
2人目の論評は、A坂さん
3人目の論評は、O野さん
4人目の論評は、T川さん
えーと文法論評は、T川さん

総合論評のKさんから、それぞれテーマの選び方など独自の切り口から非常に建設的なフィードバックを行っていただきました。
トーストマスターズは、ただ楽しいだけでなく、ちょっとした話し方の癖やしぐさなど普段自分では全く気づかないのポイントを(時にはちょっとシビアめに)フィードバックしてもらえるのが魅力です。
まさに私にとっても目から鱗でした。これが今後の改善点や次に向けた課題に繋がり、成長の糧になるとつくづく実感します。

今夜のベスト賞は、
ベストスピーチ:K木さん!
ベストTT:K野さん!
ベスト論評:T中さん!

皆さんおめでとうございます!

第325回例会

いつも通り、19:00から会がスタートし、Toastmasters of Evening (司会担当) のT永さんから、今夜の言葉 “Unexpected” 「思いがけず」を発表いただきました。Zoomを利用しオンラインとオフラインの同時開催でした。

計時係と集計係はI藤さん、集計係はO野さん、例会レポートは私 F川が対応しました。
いつものように、What’s newで参加者全員30秒の思い付きスピーチをしたのち、準備スピーチのセッションに進みました。

最初のスピーカー、Kさんさんからは、Travel abroad in Japanといタイトルの旅行ネタスピーチを頂きました。
絶景で代表される”アルプスは日本だけじゃない”ということで、立山連峰の旅行記を発表いただきました。
スイスと北アルプスの対比構成され、富山県なら、”スイスチックな山脈が東京まで2時間ちょっとで体験できる”、だけど美しいアルプスを期待して現地に行ったらテントだらで、銀座並みの混雑だったというオチつきでした。

二人目のスピーカーはT川さん、パス(教材選択)は、アイスブレークレベル2、自己紹介スピーチでした。”楽しいことと褒められることが大好きなのでほめて”で始まる、印象的なスピーチをされました。
zoom経由で自分の部屋の紹介したりと、赤裸々なスピーチで親近感が沸く内容でした。

三人目のスピーチは、K野さんから「青年の日の思い出」、パスはMotivational Strategies Lv2で、高校後期まで数学テスト点数 10点レベルからどうやって偏差値20アップを果たしたかというスピーチをしていただきました。
高校後期にさしあたり、このままではついていけないということで、学校行かずに予備校で勉強し、度々学校の先生に呼び出されたとのことでしたが、怒られると思いきや、学校の先生からは「学校のことは任せておけ」と言われたという内容が印象でした。
学校行かないということだけで判断するのではなく、本当に重要なことを考え背中をおしてくれる大人になりましょうという締めくくりでした。

四人目のスピーチは、オンラインでゲスト参加の秋葉原トーストマスターズのY崎さんから頂きました。
タイトルは「歴史ミステリー」、パス(教材選択)はリーダーシップ開発レベル3 プレゼンテーションソフトウェアを選択。パワーポイントを使い、数ある本能寺の変の原因説について、本能寺の変がなぜ何が起きたかについてプレゼン頂きました。

テーブルトピックスは、K崎さんから「アートってなんだ?」ということで、今までのテーブルトピック(即興スピーチ)とは全く違ったアプローチで行っていただきました。
一人目のスピーカーはK崎さん、二匹のトラの絵を見て、どう思ったかという話をしていただき、テーブルトピックスマスターから、「絵を見てどう思ったか」を考えることが重要だと話していただきました。

論評セッションでは、KさんのスピーチはK木さんから、悲喜こもごもの、喜vs悲、是vs非の比較が面白いと論評いただきました。その後、T川さんのはT中さん、K野さんのN村さん、Y崎さんはA坂さんにそれぞれ論評いただきました。

その後表彰のセッションに進み、ベストテーブルトピックス賞はI藤さんとF川でした。
ベスト論評賞はK木さんでした。
ベスト準備スピーチ賞はT川さんでした。
おめでとうございました!

 

Area45合同例会

Area45合同例会レポート (みなさんイニシャルで記載しています)

 

“One Area 45”

 

その日、札幌と東京はスピーチの絆で結ばれました。

 

9月26日13:30より、合同例会が予定通り開催されました。

新生Area45は日本橋センチュリー、千代田、One Astellas、そして札幌4クラブで構成されます。

本日は4クラブの団結を図るまさにキックオフの位置付け。

 

Area Director K人さんの“Let us all unite!”の号令のもと華やかに開催されました。

その後例会の主旨についてTM T川 (One Astellas)よりスピーチをいただきました。

 

合同例会はオンラインに加え、オフライン会場の千代田スポーツセンター7F第二集会室とのハイブリッド形式で開催されました。

集会室には13名の参加者、オフラインで30名前後にご参加をいただきました。

スポーツセンター会場からはプロジェクターでオンライン参加者の表情がリアルタイムに映し出されます。

真剣で、そして時には笑顔に満ちた表情を垣間見ながら、まるで同じ会場にいるような”unite”な雰囲気で例会は進行していきます。

 

 

今夜のTMOE TM H (from Nihonbashi C)

日本橋Cの広告塔、TM Hさんは久々に対面例会で緊張気味。

ハニカミながらもベテランの貫禄で例会全体の雰囲気を柔らかく包み込んでくれました。

 

[サポート係]

・本日の言葉:TM K西(from Sapporp)

“Cultivate/耕す”多くのスピーカーが引用しやすい、キャッチーなフレーズです。

 

・えーとカウンター:TM I上(from Chiyoda)

圧巻!ほぼ全てのスピーカーに対して、Um,,/So,,/えーっと、の行間チェック、今夜の言葉の回数などを記録。

3時間の例会で用いられた言葉をチェックする、呪文を自在に司る魔法使いのようでした。

 

・文法係:TM T中(from OneAstellas)

例会を通して用いられた素晴らしい表現を感情的(優しい表情で)にご紹介されました。

 

・計時係:TM N井(from One Astellas)

  背面にカラーを用いて効率的に、かつ、スピーチ中に口頭でNotificationされるアイデアでスピーカーに配慮した計時でした。

 

・集計係(兼 オフライン会場での機器対応):TM T中、T永(from Chiyoda)

千代田のオンライン対応で、常連の2人。

1列目と2列目に完備されたIT機器でハイブリット例会の土台を盤石に築きます。

 

クラブ紹介

クラブの起源、例会雰囲気、特長などについて代表者にスピーチをいただきました。

Sapporo​TMC=TM M野 北海道という広域な地域でクラブ活動を続ける価値

Chiyoda TMC=TM N山 会員全員で大喜利風、クラブ紹介

Nhonbashi Century=TM T中 “Century“に込められたクラブの想い

One Astellas=TM H沢 スタートアップ企業クラブの勢い。STELLAの意味。

 

 

ワークショップ1 TM F野(from Chiyoda)

“Effective Evaluation効果的な論評”に関するワークショップ。

ユーモアたっぷりに、かつスピーチ体系にそった理に叶った論評技法をシェアいただきました。

「よし!実践してみよう!」WSを終えた全ての参加者がそう心でつぶやいたはずです。

 

 

準備スピーチセッション

本日のハイライト。各クラブより4名の代表者がスピーチを披露いただきました。

 

Speech 1: Title “Toastmasters, Be Ambitious!

SpeakerTM Y(from Sapporo)

札幌といえば時計台。ただ、時計台の歴史を知っている人はどれだけいるでしょうか?

日本人の心、開拓精神、教育の重要性。様々な側面からモチベーションを揺さぶられるスピーチでした。

 

Speech 2Title “Make America Great Again

SpeakerTM O(fromChiyoda)

日本人がアメリカに対して持っている様々なイメージ。

もっとも“Great”なエンターテインメイントは政治家の歴史だった!大統領選間近にトレンディなスピーチでした。

 

Speech 3Title “半沢直樹はなぜあんなに人気なのか

SpeakerTM S(日本橋センチュリー)

私達サラリーマンにとって、代弁者、また、ヒーローともいえる半沢直樹。

彼の言葉はまぜ共感を呼ぶのか?S山さんがポイントを押さえて徹底解説されました!

 

Speech 4Title “Protection

SpeakerTM I (from One Astellas)

あなたにとって、守りたいものは何でしょう?家族を守る。そして、“Cultivate”する。

Try&Errorを繰り返して成長していく、TM I上の愛がこもったスピーチでした。

 

 

テーブルトピックス

TTMを務めるのTM U口(Sapporo TMC)はZoomプロフェッショナル。

オンライン例会で忘れられがちな「お題のリマインド」をなんと背景化して提示。

ヒートアイランド現象、印象的な言葉など、想像力をかきたてるキャッチーなキーワードが印象的でした。

 

[Table Topics Speaker]

➀TM T津 (from Nihonbashi Century)

②TM K木 (from Chiyoda)

③TM O本 (from One Astellas)

④TM Rishi (from Sapporo)

⑤TM T中 (from Chiyoda)

 

 

論評セッション/Evaluation Session

TM F野ワークショップセッションを受けて、ブラッシュアップした4名による個人論評です。

皆さん時間制限内に的確な論評。素晴らしい!

➀TM T川 (from One Astellas)

②TM Y本 (fromNihonbashi C)

③TM K野(千代田)

④TM Ka (from Sapporo)

TM F野が機器トラブル対応のTM Oをカバーします。

総合論評を前倒しでおこない、さらに即興テーブルトピックス大会!

時間を一切無駄遣いしないリーダーシップの神髄を目の当たりにしました。

 

 

ワークショップ2 TM O(日本橋センチュリー)

 「スピーチ、明日のために」タイトルでスピーチ作成のノウハウをワークショップ形式で共有頂きました。♪

明日のジョー♪のBGMで参加者全員の心を鷲掴みにしたTM O。

スピーチとは場数を踏むこと、そして、本質的なプレゼンとスピーチの違いについて明確化したうえで、「スピーチが思い浮かばない!」そんな参加者の悩みを解決する秘訣を教えてくれました。

 

 

表彰者発表

4クラブで3時間にわたって繰り広げられたスピーチ饗宴もフィナーレです。

栄えあるベストスピーカー3名の皆様、おめでとうございます!

 

・Best Table Topics Speaker

TM T津 (from Nihonbashi C)

 

・Best Evaluator

TM Y本 (from Nihonbashi C)

 

・Best Speaker

TM Y田(from Sapporo)

 

コロナ禍において、私達のライフスタイルは目まぐるしく移り変わり、トーストマスターズの在り方もまた、変化が求められています。

 

合同例会を通して感じたこと、それは「クラブの距離は、どれだけでも縮めることが出来る」ということです。

 

同じ空気を味わい、時にはカメラ越しに。リアルなコミュニケーションで人生をCultivateしていきたいですね。

4クラブの更なる団結/uniteを願いレポ―トの末筆といたします。

 

 

レポーター:TM T 永(from Chiyoda)

第324回例会

9月17日 午後7時 定刻スタートです。

すっかり定着した感があります、参集メンバーとパソコンのオンラインを通じてのハイブリッド例会です。

 

本日は、ゲスト三名の方も出席です。

長崎TMCMさん、東京論評K杉さん、K杉さんは、準備スピーチもお願いしております。

神奈川TMCJミンさんです。

 

オープニング

会長のN村さんの開会挨拶に始まり、本日、初のTMOEを担当されるM瀬さんにバトンは渡されました。

 

今夜の言葉は、”Legacy” 遺産です。そうです。 安倍政権の遺産です。

本日は、この内容は避けて通れません。

安倍政権から、菅政権への移行の初日だからです。

 

時計係は、T永さん、集計係は、K崎さん、えーと文法係は、T中さん、

例会レポーターは、私、M脇です。

 

What’newのコーナーは、参加者全員が30秒を目途に、英語で自分の近況を知らせます。

 

準備スピーチ

準備スピーチが始まりました。

 

準備スピーチ①:Meat part1 by T村さん

1番目は、会長のT村さんです。

タイトルは、Meat part 1で日本語でのスピーチです。

 

豚肉と牛肉にフォーカスし、肉うどん、肉じゃがの具材では関東は豚肉、関西は牛肉を使用するなど具体例を挙げての話ですごくわかりやすい内容でした。

 

準備スピーチ②:Motivational Strategies by I藤さん

2番目は、I藤さんです。

タイトルは、Motivational Strategiesで、英語でのスピーチです。

 

人間の多様性に触れられ、その中でいかに自分の考えを見出していくか、人との折り合いをつけていくかについて、I藤さんの人柄偲ばれる率直な語り口でした。

 

準備スピーチ③:期待はずれはチャンスでby K杉さん

3番目は、K杉さんです。

タイトルは、期待はずれはチャンスで、日本語のスピーチです。

コンテストでのスピーチを考慮にいれての内容で、息子さんと自分を対比して期待はずれは、実は多くの新しいチャンスを生むのだとの逆転の発想でトークゼスチャーといい、語り口調といい、全て迫力満点でした。

 

準備スピーチ④:なんとこの方法で恋も仕事も勝ちとったbyA坂さん

4番目は、A坂さんです。

タイトルは、なんと、この方法で恋も仕事も勝ちとった、日本語のスピーチです。

 

スピーチタイトルからも想像されますように、A坂の個性あふれる内容で、圧巻は男と女はお互いで変わると迷言をされ、会場は笑いの渦に巻き込まれました。

 

Table Topics by K野さん

次はハラハラドキドキのTable Topicsです。

担当は、K野さんです。

 

やはり、Topicsも7年以上の最長記録になった安倍政権が題材です。

I上さんは、結婚生活が最長になったと、なかばおのろけを聞かされました。

K崎さんは、行政改革に触れて、今年はこれを変えるとの話をしてもらいました。

Mさんは、10年後にやりたい事で、常に英語と関わっていきたいと強い気持ちを話をされました。ちなみにMさんは、現役の英語教師です。

 

論評セッション

個人論評は、準備スピーチをした方のスピーチの評価です。

 

N村さんへの論評は、O野さんです。

スライドでの説明が効果的で、N村さんの関西人ならではの“乗り”もありスピード感あふれ、関東は豚肉、関西は牛肉中心であることを数々の事例を基に説明され、非常に分かり易かったとのコメントでした。

 

I藤さんへの論評は、F川さんです。

F川さんは、持ち前の明るさで、自分の身のまわりで起きた事を話しながら、I藤さんの他人との人間関係の構築に真摯に取り組んでいることを評価されました。

 

K杉さんへの論評は、F野さんです。

コンテストを目指してのスピーチでしたので、辛口論評になりました。

K杉さんのスピーチのメッセージ性を高く評価するも、もっとおおげさなジェスチャーを取り入れた方がいいのではないかとのコメントでした。

また、K杉さんの息子さんとの会話でも、前後のつながりがわかりづらく、もう少し丁寧な説明が必要と付け加えられました。

 

A坂さんへの論評は、K木さんです。

A坂さんと奥様の出会いの説明が不十分で、時間軸を入れて話をした方がより、恋もこの方法で勝ち取ったとのA坂さんの強い思いがより明確になるのではないかとのコメントでした。

 

えーと文法報告、総合論評のスピーチも終わり、閉会の時間も押し迫って来ました。

 

クロージング

いよいよ、表彰者の発表です。

ベストTT賞は、長崎TMCのMさんです。

ベスト論評賞は、今回は二人です。 F野さんとK木さんです。

待望のベストスピーチ賞は、東京論評のK杉さんです。

皆様おめでとうございます。

 

今回の例会も、会長のN村さんの閉会宣言で、無事終了です。

 

以上です。

第322回例会

20th August, 2020

322nd meeting

Hello everyone! Today’s meeting reporter is MT.

I really appreciate and am proud of the quality of our hybrid meeting, where you can attend either online or onsite! Since we started it a few months ago, we have developed it so both parties can see and listen to what is going on and enjoy the meeting. I would like to take this opportunity to thank my fabulous club mates who have made big efforts for this achievement!

Today, the majority attended onsite and we had six online attendees including two guests from other clubs and me.

Opening

Our TMOE, Toast Master of the Evening, is SO. He did great preparation and perfect time management!

 

What’s New?

This program was not planned in the program and was a surprise from the TMOE. Everybody made impromptu 30 sec speeches. Nice to know how other members do recently!

 

Prepared Speech1:“How to Avoid Bad People” by AF

The first prepared speech is AF’s “not prepared” speech: “How to Avoid Bad People”. He didn’t prepare any script but made an impromptu speech in English based on his experience. His employee(s) stole his expensive construction equipment and what he learnt from that is…

Sorry! I forgot to take a pic:P

 

Prepared Speech2:“言葉足らずの二人”(Two Mentors with Few Words) by HK

The second prepared speaker is HK. The title is “言葉足らずの二人” (Two Mentors with Few Words). He talked about two toastmasters as his unofficial mentors. The both guys didn’t say much but he learned something from them. Good mentors may not explain a lot but help you notice and learn. To be a good mentee, you need to think by yourself, what they mean and what you can learn from them.

 

Prepared Speech3:“787”by SM

The third speech is SM’s “787”. He talked about Boeing 787… disclosing secrets of the aircraft, which I can’t write and share here… hehehe. His speech made me want to fly and travel!!

 

Snack time!

One of the advantages of attending the meeting onsite and one of the best unique programs of our club. We chat over snacks during the break. Me? I had banana-milk alone in my room.

 

Table Topic Speech by MN

Today’s TT Master was MN. Her topics are very timely and interesting: delivery service, exercises at home, 断捨離 (sorry I don’t know how to explain well in English… tiding up and disposing what you haven’t used recently.), and online programs. Do you have any recommendation?

 

Evaluation!

Today, we had two evaluators for each prepared speech, six evaluators in total.

FK and another MT delivered evaluation speeches to AF’s prepared speech. Nice and interesting remarks!

NM and MF to HK’s speech. MF imitated one of our former members and very cute old guy, and that was so funny!

MA and another MT to SM’s speech. MT showed his mind-map. Wow, I want to know how to develop and use mind maps!

KI reported nice expression he found from today’s speeches.

The General Evaluator, YH, a guest toastmaster from Nihonbashi Century club, gave us nice feedback! She listened to each speech really well and made detailed and positive remarks.

Award Presentation time!

I got the best table topic award! Yupiiii! I am bad at table topics but sometimes! The best evaluator is MF and thebest prepared speaker is HK. Congratulations everyone!

第321回例会

8月6日 第321回例会(会場は千代田区スポーツセンター+オンライン)

コロナの影響でオンラインのみで例会をするTMCが多い中、千代田TMCでは引き続き、オンサイト(会場)+オンラインのハイブリッド例会となりました。

といっても、例会レポーターの私、Kは久しぶりの千代田スポーツセンターで、懐かしい実家に帰ってきた気がします。

一方で、今回のTMOE(総合司会)はK崎さんはオンラインで参加。

総合論評は所沢TMCのK村さんが会場で参加という、時空を越えた参加者による例会になりました。

今夜の言葉はTMCにぴったりな「コミュニケーション」です。

 

Todays’s X: “なぜ君”by F野さん

メンバーのお勧めを紹介する「Todays X」はF野さんで、会場で日本語スピーチ。押しの逸品は「なぜ君」。現職の衆議院議員・小川淳也さんを追ったドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』を題材に、政治というより家族の絆をユーモアを交えて語りました。

 

準備スピーチ①:Go-Doキャンペーン” by T永さん

1番目のスピーカーはT永さんで、オンラインで日本語スピーチ。タイトルは「Go-Doキャンペーン」、プロジェクトはPresentation Mastery Level4

オンラインで合同例会を企画し、成功した秘訣をビジュアルエイド豊富に、わかりやすく伝えました。

 

準備スピーチ②:”Fish part ” by M脇さん

2番目のスピーカーは、M脇さんは、会場参加で英語。タイトルは「Fish part 5」。

水産関係で長年活躍されているM脇さんの魚スピーチの5回目。前回はタコでしたが、今回はイカです。日本人にはなじみ深いお魚ですね。会場ということもあり、締めくくりの函館名物「イカ踊り」はお盆シーズンにふさわしいパフォーマンスでした。

 

準備スピーチ③:”No Failure Exist” by M瀬さん

3番目はM瀬さんでオンラインで英語。タイトルは”No Failure Exist”。プロジェクトはIntroduction to Toastmasters mentoring, Level 2.

亡くなった野村克也さんの言葉「失敗は『セイチョウ』と読む」などの名言を盛り込んだ、「なるほど」と唸らせるストーリーでした。

 

テーブルトピックスby A坂さん

テーブルトピックスはA坂さんがコントロール。ビジネスマンのみならず国民的人気のTVドラマ「半沢直樹」を軸に、小気味よくネタを振ります。

回答者はF川、K,O野、N村、I上さん。

 

論評

所沢TMCのK村さんによる総合論評の様子

総合論評は所沢TMCのK村さんが取り仕切ります。

論評者はスピーチ順にT中、K木、T川さん。

K村さんのクラブは日本語のみだそうで、英語部分へのコメントはボディランゲージなどを中心にフィードバックしていました。休憩時間を含め、例会全体に目配りしたコメントをいただきました。

 

クロージング

さて、栄えある受賞者は、

ベストスピーカー:M瀬さん

ベスト論評: K木さん

ベスト・テーブルトピックス・スピーカー:O野さん、N村さん

最後に、ハイブリッド例会の設営に尽力をいただいた、T中さん、ありがとうございました。

第320回例会

7月16日 午後7時定刻スタートです。

今回も、スポセン8階第三集会室 参集メンバーとパソコンを通じてのメンバーとのハイブリッド例会となりました。

 

 

開会宣言

まず、会長のM村さんから、会社でのコロナの対応エピソードから始まり、本日TMOE T川さんに引き継がれました。

T川さんのいつもの軽快なノリで今夜の言葉、”Thrill” ワクワク、ドキドキ。

言葉通りの滑り出しになりました。

時計係は、M山さん、集計係は、T永さん、えーと文法は、N村さんです。

例会レポーターは私、M脇です。

 

 

Today’s X : “刑事コロンボとアメリカ by M瀬さん

7時 13分に、Today’s X のスピーチが始まりました。

M瀬さんの題目は、刑事コロンボとアメリカです。

ユーモアたっぷりのしゃべりで、トランプ大統領の話題まで出まして、会場には笑いの渦が起こりました。

 

いよいよ、本日のメインであります、準備スピーチです。

 

 

準備スピーチ①:”What and How can we do for special meeting on October 29“ by F野さん

トップバッターは、F野さんです。

テーマは、英語で、”What and How can we do for special meeting on October 29“

F野さんの英語力は抜群で、たちまちF野さんのスピーチに引き込まれていきます。

Special meetingへの招待者は、ひょうきんなA坂さん、理路整然と話すO野さんになりました。

 

準備スピーチ②:フロイスの見た戦国日本”by O野さん

2番目は、O野さんです。

テーマは、フロイスの見た戦国日本

ポルトガル宣教師が見た、戦国の3大英傑、信長、秀吉、家康をフロイスから見た人物像の話で、今大河ドラマで有名になっている光秀評価が、意外と辛口で、策謀家、織田家中の皆様からもうとまれていたと言う話が印象的でした。

 

準備スピーチ③:”East Timor-Hidden Gem”by K崎さん

3番目は、K崎さんで、テーマは、英語で、”East Timor-Hidden Gem”です。

NGOの関係で、K崎さんご夫妻で東チモールに駐在されたこともあり、現地に滞在しないと語れないような、現地の方の生活様式、食事、観光と幅広くお話をしてもらい、東チモールが急に身近になった気がしました、

会場の中から、行きたいとの声が発せられたぐらいです。

 

準備スピーチ④:一年たって”by K野さん

4番目は、K野さんです。

テーマは、一年たって

K野さんは、当クラブに入会して、約一年です。

入会動機が、自己のプレゼン能力を高めたいとの思いからと話をしてくれました。

しかし、一年経過して、心境の変化が出てきたと話をして、最近は、コミュニケーション能力のアップに重点を移しているとの思いを語りました。

最後に、最近オンライン英会話に入っているので、次回のスピーチは英語に挑戦との事です。

 

テーブルトピックス byT永さん

次は、ハラハラドキドキのTable Topicsです。

担当は、T永さんです。

今持ち切りのあの話題です。

そうです。 コロナです。

コロナが市中を跋扈しているので、やりたい事もできない。

コロナに怒っていることを即興で答えるのです。

テレワークの話題から、不評と言われているGoToキャンペーン、公務員のボーナスの満額支給、カラオケに行けない等色々な怒りが出されました。

 

論評

個人論評は、準備スピーチをした方のスピーチの評価です。

良かった点、改善点などが話されます。

 

F野さんへは、T中さんです。F野さんは、ベテランですので、スピーチの運びが上手とコメントです。

O野さんへは、K谷さんです。資料の準備がよくできていて勉強になったとのコメントです。

K崎さんへは、M山さんです。チモール紛争しか知らなかったが、東チモールの知識が増えたとのコメントでした。

K野さんへは、A坂さんです。A坂さん流の利き手を引きつける導入でとても流暢な論評でした。

 

K木さんに総合論評いただき、個人論評や例会全体についてコメントいただきました。

 

クロージング

時間も9時近くになりました。

待ちに待った、3賞の発表です。

  • ベストスピーカー賞は、K崎さんです。
  • 個人論評賞は、T中さんとA坂さんです。
  • ベストテーブルトピックス賞は、M脇さんです。

会長のN村様の例会終了宣言で、時間通りの9時に閉会しました。

第319回例会

2020年度7月2日(木)19:00~21:00

本日の例会レポーターはT永です。

トーストマスターズの新年度は7月スタート。千代田も新しいフェイズに移行しました。

本日より新役員による例会運営がスタートします。当面は千代田スポセンとオンラインによるハイブリッド例会が継続します。

今夜の例会は新年度スタートにふさわしい希望に溢れたスピーチの数々!たくさんの名言が生まれました。

 

 

0 例会開始準備

例会開始20分ほど前から会場設営が始まります。

新任SAA(会場係)のO野さん、K崎さんがベテラン顔負けの会場手配。迅速に例会準備が進みます。

そしてオンライン組との橋渡し、Zoom立上げに四苦八苦の私・T永。自宅とはやはり勝手が違うものですネ。

 

 

開会宣言

新任会長・N村さんの初開会宣言で例会が華やかにスタートします。

N村さんはTMOEを兼務されます。冒頭、会長から今期のクラブスローガンが発表されました。

“Chiyoda where inspire you”

今夜の言葉/Word of eveningは“inspire”となりました。

 

計時、集計、えーと文法、例会レポーター。各種サポート係より役割説明がありました。

 ハイブリッド例会において、計時・集計係の役割は難易度の高いロールとなります。 

 

Warming up program “What’s new?”1人30秒間、英語で自由にスピーチを行うまさにスピーチの準備体操を全員漏れなく実施しました。

 

 

準備スピーチ

Toastmastersが提供するプロジェクトを1つ選択しスピーチを事前に準備します。

所定時間内にスピーチを行い、例会の最後にベストスピーカーの表彰を行います。

本日は3名の準備スピーカーが素晴らしいスピーチを披露されました。

 

1番目のスピーカー I上さんタイトルは「私の自己評価」

先月、千代田に入会されたI上さんは上司との面接エピソードから、千代田TMCとの出会い、現在のモチベーションについてスピーチされました。

クラブ会員同士のユニークな掛け合いを「千代田スパイラル」という言葉で表現されました。

I上さんの千代田愛を感じるスピーチでした。

 

2nd Prepared speeker Mr.J.G. His speech title”Thepower og great speech structure”

ゲストスピーカーのJ.G.さんはクラブ外よりゲストスピーチの立候補をいただきました。

10分間、パワフルなスピーチを構築するための具体的なアプローチについてプレゼンテーション頂きました。

同時刻、米国からオンラインでゲスト参加いただきました。

オンライン例会は国境を簡単に超えることができます。

 

3番目のスピーカー T中さん タイトルは「天岩戸作戦」

今期よりDivision Directorを務めるT中さん。

いつもアニメを中心にサブカルなトピックスが多いT中さんですが、今回はDirectorとしての活動方針を共有いただくという正統派のスピーチです。

・・と思いきや、後半はやはり、ユーモアに富んだT中さんワールドが展開されます。

「笑いの絶えない例会を築けば、おのずとゲストは顔を覗かせる」という、日本古来の天岩戸神話になぞった画期的な提案をスピーチされました。

 

 

テーブルトピックス

テーブルトピックスマスター(TTM)が様々なスピーチお題を例会参加者へ提供します。

指名されたスピーカーは即興でスピーチを披露します。素晴らしい即興スピーカーを表彰します。

 

今夜のTTMはA.C.さん。台湾から来日して都内に務める彼女。来日してから彼女自身が投げかけられる質問をベースに、A.C.さんならでのトピックスを提供されました。

「もし他国に転職できるなら、どの国が良い?」、「海外に移住する時、何を準備する?」、「新しい国、友達をどうやって作る?」などなど。

 

 

論評セッション

準備スピーカーの素晴らしかった点と改善点を共有して準備スピーカーのブラッシュアップを行うとともに論評者自身の考察力と論評スキル向上をはかります。

I上さんに対する論評:K崎さん

J.D.さんに対する論評:F川さん

T中さんに対する論評:Kさん

えーと文法係のK木さんより、Inspireの使用回数や、各スピーカーへの的確な文法チェック報告がありました。

総合論評はO野さん。例会全体の進行に対する評価、そして論評者に対する論評を中心に展開されました。

 

 

表彰者発表

ベストテーブルトピックススピーカー:K野さん

ベスト論評者:Kさん

ベストスピーカー:T中さん

おめでとうございます!

 

 

ビジネスセッション

今期より千代田が所属するAeaa45のArea Directorの就任されたK人さんからADに至るまでのご自身の経緯、所信表明、そしてエリアスローガンのご説明がありました。

エリア45のスローガンは“Let us all unite!(団結しよう!)”。チャップリン主演の名画「独裁者」よりパワフルな引用です。

T永が忘れられない名言の数々

  • Chiyoda where inspire you 
  • 千代田スパイラル
  • Let us all unite!

新年度スタートにふさわしい名言(バズワード)で彩られた記念すべき例会となりました。

私達は今年も「天岩戸」で楽しく踊り続けます。

役員引き継ぎ会+打ち上げ例会

 本日は、2019-2020年度千代田TMC最後の活動として『役員引き継ぎ会+打ち上げ例会』を行いました。会場は、いつもの千代田区立スポーツセンターの向かいにあるカフェを貸し切って行いました。 第二部の司会、かつプログラム作成担当だったK木のリポートです。

<第一部 役員引き継ぎ会>

役員の役職ごとの引き継ぎを行った後、来年度のスケジュール概要、例会スタイルの確認や企画の提案などを行いました。

 そして、この場で来期のクラブスローガンが、次期会長N村さんの一声、

『Chiyoda where inspires you』 

で決定しました!

 クラブスローガンを決められるのは会長だけの特権かつ重要な任務です。

<第二部 打ち上げ例会>

(1)準備スピーチ「VPPRのお仕事」 by K谷さん ←論評 M瀬さん

 VPPRとは、このWebページの管理を行ったりするクラブの広報係のことです。このVPPRを1年務めたK谷さんによる、広報の仕事の紹介をするスピーチでした。

 クラブの内外の人たちに有用なページ作成のコツを紹介しながらも、自分の後継者を育てたいというメッセージを込めた内容豊かな良スピーチでした。

 これにてK谷さんは、4年越しで教育マニュアルを完了することができました。継続は力なりです。おめでとうございます!

 続いてのプログラムは、通常の例会とは違ったオリジナルプログラムとなります。

(2)論評付きテーブルトピックス (司会:I藤さん)

 テーブルトピックス(即興スピーチ)は、いつもであれば話したらオシマイなのですが、今回は、即興スピーチに対して論評者を設け、即興スピーチの論評も行うことにしました。

 質問はストレートで分かりやすかったですが(「自分が何かの競技スポーツで万能だったら何をしたい?」、「自分がスピーチの天才だったらどうしたい?」etc…)、論評は中々難しいようでした。

 このコーナーを作った私自身が優秀論評賞に輝きましたが(ムフフ)、テーブルトピックスの論評のポイントは、「質問に対して正面に答えているか」、「論理に矛盾が無いか(話に飛躍が無いか)」、「一応結論らしきものがあるか」などです。即興スピーチは話す時間が短いので、テンポも大事です。

(3)逆順スピーチ

 当たり前ですが、スピーチに対する論評はスピーチの後に行うものです。しかし、今回はその逆です。

 スピーチタイトルだけがわかっている状態で、論評者が、「きっとスピーチだろう」「こんなスピーチをしてほしい」などと考えながら勝手に”先に”スピーチの論評を行います(=エア論評)。逆にスピーカーは、それに合わせてスピーチをしなければなりません。

 当日の論評者は、「優れた点」「改善点」と称してスピーカーに多くの無茶な(?)要求をしていました。

 このコーナーは開き直った人が有利!今回は、今期-来期の同職役員でペアで組ませてみました。

1.タイトル:「妻と娘を確実に振り向かせる方法」 by F野さん ←エア論評 O野さん

2.タイトル:「お金の稼ぎ方」 by F川さん ←エア論評 A坂さん

3.タイトル:「会長の役得」 by T永さん ←エア論評 N村さん

(4)千代田TMC 大喜利大会 (司会:T川さん)

 某TV番組でおなじみ、「大喜利」を行いました。司会の”師匠”T川さんの気分次第で、「エア座布団」をもらい、その枚数が多かった人が勝ち!多くの人が手を挙げた問題もあれば、誰も答えられずシ~ン、という質問も。TV番組では、どんな質問にでも矢継ぎ早に手が上がるものですが、それが如何に難しいか、を実感しました。

(5)表彰の部

・ベストテーブルトピックス論評賞:K木

・ベストテーブルトピックススピーカー賞:T永さん

・ベストエア論評賞:O野さん、A坂さん

・ベストスピーカー賞:T永さん

・T川賞:K木

★これにて、2019-2020年 千代田トーストマスターズクラブの活動は終了しました。今年度は非常に特殊な社会状況の下、千代田TMCでは11名の新会員の入会、最優秀クラブ賞の内定など、大きな成功を収めました。会長のT永さんを初めとした役員の皆さん、1年間お疲れさまでした!!

(会場)

(オンライン参加組)

第317回例会

本日の例会レポーターはT中です。
コロナの影響で、数か月オンラインのみで例会をおこなっていましたが、本日は久しぶりの対面+オンラインのハイブリッド例会となりました。
いつもの千代田スポーツセンターですが、ちょっと懐かしい気がします。
ゲストを含め、総勢17名と大いに盛り上がった例会でした

そして、なんとTMOE(司会)がオンラインで参加という、チャレンジングな例会でした。

本日のTMOEはKさんです。
本日の例会は内容が盛りだくさんです。

  1. PS(準備スピーチ)が3本すべて英語
  2. そのうち2本が、CC10(スピーチの教科書の最後のスピーチ)
  3. 入会式
  4. 役員就任式
    ということで、What’s new, Today’s X, テーブルトピックは本日はありません。

今夜の言葉は、この状況にぴったりの「再会する、reuniion, meet again」です。
ぜひ、スピーチの中で使っていきましょう!

最初のスピーチはN村さん、タイトルは「Where inspire us」
3年をかけて完了させたCompetent Communicator マニュアル振返って千代田TMCにどのようにインスパイアされたのかを振り返っていただきました
ここでの様々な人々との出会い。それによってどのような変化が生じたのかを披露していただき、とても印象に残るスピーチ―でした。
(特に、「F川さんは千代田のマスコット」のあたり)

2番目のスピーカーはK谷さん、タイトルは「Not good speech」
同じく、Competent Communicator マニュアルの最後のスピーチです。
6年前に初めてトーストマスターズクラブを訪問した時の葛藤からはじまります。
クラブには素晴らしいスピーカーがたくさんいる。私もメンバーになりたい。
でも、パブリックスピーキングは苦手。どうしよう?ゲスト訪問を2回繰り返しても、まだ迷っている。
そして3回目の訪問。
そこで目にしたのは、あまりスピーチが上手いとはいえないメンバー。
しかし、彼の成長を温かい目で見守り、賞賛するメンバーたち。
これがきっかけとなり、K谷さんのトーストマスターズ人生が始まりました。
その後、英語スピーチにチャレンジするために、千代田トーストマスターズクラブに入会されました。
“Your challenge will inspire someone”という力強い締めのコメントも効果的でした

最後のスピーカーは、M脇さんタイトルは「Fish part 4」
水産関係で長年活躍されているM脇さんの魚スピーチの4回目、今夜はどんな魚の知識を披露していただけるのでしょうか?楽しみです。
今日のターゲットは大阪人になじみ深い「タコ」

  1. タコの一生
    まだこの寿命は、なんと「1年」とのこと。
    そして、雌のタコは卵が孵化すると死んでしまう。
  2. タコの漁獲量
    タコの漁獲量はイカに比べると極端に少ない。
    なぜなら、イカは海面に群れを成しているが、タコは海底で単独行動だから。
  3. メジロダコの不思議な生態
    インドネシア付近に生息しているメジロダコ。6本の足で貝殻などを背負ってシェルターとし、のこりの2本の足で改定をあるくそうです。
  4. タコの漁獲法
    タコツボを仕掛ける方法と底引き網で捕獲する方法があるそうです。
    など、いつも食べているタコですが、調べていくといろいろと面白いことがあるものですね。

論評のセッションでは、F野さん、A坂さん、ACさんから、3名のスピーカーは温かくかつ今後の役に立つ論評がありました。
総合論評のKさんからは、ハイブリッド例会ならではのポイントを含めて論評をしていただき、今後の例会運営にも大変役にたちました。

例会のあとは、I上さん、T川さんお二人の入会式です。
ようこそ千代田トーストマスターズクラブへ!

そして、役員就任式では、旧役員7名から新役員7名への引継ぎ式がおこなわれました。
旧役員の皆様、お疲れ様でした。
新役員の皆様、これから1年間よろしくお願いします。

最後に、ハイブリッド例会の設営に尽力をいただいた、会長のT永さん・教育担当のF川さん、ありがとうございました。

第315回例会

2020年5月21日(木)19:00-21:00

本日もZoomによる総勢16名のオンライン例会です。
今回でオンライン例会も5回目ということもあり、これが千代田TMCのNew Normalということで、オンラインならではで大変盛り上がりました。

TMOE(ToastMaster of the Evening=司会)は、A坂さん。
ユーモアに溢れる話術で流れるような司会進行でした。
今夜の言葉は、「若い」。

 

フリートピックのToday’s Xは、Kさんによる日本語スピーチ。
コロナの影響でとりわけ影響を受けているエンタメ業界。
Kさんが参加された町の小さな映画館のクラウドファンディングを紹介。
こういう時だからこそ、楽しむ要素を持ちながら、応援消費できること探してみようと思いました。

What’s new。1人30秒英語を話すコーナーでは、全員が近況報告。
それぞれお家での過ごし方、在宅勤務などの話が大半でしたが、コロナ後の生活や仕事のお話をされている方が結構いらっしゃった印象です。ようやく出口が見えて来たようで嬉しい限りです。

 

本日の準備スピーチは4名です。

1人目は、K谷さん。
トーストマスターズの魅力について、結婚相手を見つける場という切り口からスピーチでした。トーストマスターズは、結婚相手に限らず、たくさん「素晴らしい出会い」を通じた無限の可能性がある活動。入会して3ヶ月ですが、これからの活動が一層楽しみに感じることができたスピーチでした。

2人目は、O野さん。
戦後の復興期、高度経済成長期、現在、それぞれの時代で活躍したマラソン選手や選手のメンタリティーについてお話いただきました。これまでの例会でもO野さんからは、マラソンランナーの瀬古選手について語っていただきましたが、今回も熱量が凄かったです。

3人目は、F野さん。
とてもキュートなお菓子のダンスの導入から終始一環、ユーモア溢れ、魅せられるスピーチでした。F野さんのご家庭を見習って、我が家でもお菓子ダンスを導入しようと思います。

そして4人目は、T橋さん。
日本ではあまり馴染みのない激励のショートスピーチPep Talk。言葉には無限の可能性があり、活かすも殺すも使い方次第。T橋さんのスピーチ思い出し、家庭や職場でコミュニケーションを取ろうと思いました。

  

休憩を経て、テーブルトピックス。
テーブルトピックスは、テーブルトピックマスターからふられるお題に各自がアドリブのスピーチを披露するコーナーです。

テーブルトピックスマスターは、M脇さん。
毎日聞く「コロナ」の話題ですが、今日のトピックスは、「あなたがコロナだったら」。
頭をフル回転で想像力を働かせるとても新鮮で楽しいひと時になりました。

  

論評セッションでは、各スピーカーにフィードバックを行います。
総合論評は、T中さんのコントロールです。

1人目のN村さんは、K谷さんへの論評。
2人目のM瀬さんは、O野さんへの論評。
3人目のK崎さんは、F野さんへの論評。
4人目のI藤さんは、T橋さんへの論評。

えーと文法論評は、T永さん。
そして、総合論評のT中さんは、例会全体の進行、フリートピックス、テーブルトピックス、それぞれの個人論評について建設的なフィードバックを行っていただきました。

 

今夜のベスト賞は、
ベストスピーチ: O野さん、F野さん、T橋さん
ベストTT:N村さん  
ベスト論評:K崎さん
皆さんおめでとうございます!

今回参加いただいたゲストから、日本橋TMCよりT橋さんとカナダHoneymoon City TMCよりA.L.さんに一言いただききました。
そして、会長のT永さんが最後を締めてくださいました。

第314回例会

2020年5月7日(木) 19:00-21:00 オンライン例会

ゴールデンウィーク後、初の例会でしたが、今回は会員13名、ゲスト6名、計19名で、今年最多の参加者数でした。コロナによる緊急事態宣言が5月末まで延長されたため、今回の例会もZoomで開催され、多くの方と大変盛り上がりました。

TMOE(ToastMaster of Evening=司会)は、F野さんです。今夜の言葉は、外出自粛の現状に関する「Perseverance/忍耐」でした。
F野さんは一人一人の発表の後、優しいコメントやおもしろい話で盛り上げてもらいました。

最初のWhat’s Newでは、会員は30秒、ゲストは1分間、英語で近況報告をしました。

海外に駐在しているゲストは一時的に帰国されたり、テレワークしている会員は自宅で快適な仕事環境を作ったり、また、GWに新しい趣味にトライしている方など、それぞれに新しい生活スタイルを始めていました。

今回の準備スピーチは3名でした。お一人は英語で、3人の方が日本語で発表しました。

1人目のスピーチはK崎さんで、寄付についての説明をされました。緊急事態宣言で給付される10万円の意味ある使い方について提案されました。寄付は社会問題の解決にもつながるし、税金が節約できるというメリットもあり、その上、感謝の気持ちも受けられると考えています。

2人目は、コミュニケーションスタイルについて発表したM瀬さんです。自分の考えを人に伝えるよい方法は、最初にその話の背景や経緯から説明するよりは、先に結論から言ったほうが効果的且つ、効率的だという考えです。その一例として、安倍総理のコロナ対策についての説明のし方を分析しました。

3人目は、「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」というドキュメンタリーについて紹介したK野さんです。アメリカNBAの伝説と呼ばれているジョーダンは、バスケットボール選手として成功するだけではなく、ファッション・アイコンとしても活躍しています。ジョーダンが引退しても、彼の名前の付いた運動用品やブランドの売り上げはいいです。

4人目は、学生時代の友達と再会したことについて発表したN村さんです。大阪の実家へ帰った時、学生時代の友達に出会い、昔の話で色々な思い出を振り返りました。

総合論評はI藤さんのコントロールです。

1人目は、T永さん。K崎さんは理論的なスビーチで有益な情報を提供しました。

2人目は、K木さん。K野さんのスビーチは明確でしたが、ファションより、セルフブランデングの方が適切な言葉ではないかと薦めました。

3人目は、Kさん。M瀬さんのスピーチはいつもの通り、自信を持った、簡潔な話し方でした。

4人目は、T中さん。N村さんのスピーチは途中から少し話が変わりましたが、全体的に自然な流れでよかったです。

えーと、文法報告は、A木さん。ありがたいコメントをいただきました。

今夜のベスト賞は、論評:K木さん、準備スピーチ:M瀬さん。

最後は、昔の会員の方と海外からの方で、一人ずつ過去の経験とTMに参加したきっかけを共有し、感性豊かな話でした。コロナ状況がしばらく落ち着いていないため、次回の例会も5/21(木)19時にオンラインで開催します。

第313回例会

2020年4月16日(木)19:00-21:00
オンライン例会

本日もZoomによる総勢14名のオンライン例会です。
With コロナ時代での新しいかたち、試行錯誤の例会ですが、本日もとても盛り上がりました。
外出制限がかかり、8割の接触の削減を余儀なくされる中、オンラインといえども皆さんと顔を合わせられるのはやはりうれしいものですよね!

TMOE(ToastMaster of the Evening=司会)は、F川さん。
N村さんのピンチヒッターのようなかたちで急遽引き受けて下さってありがとうございます。
オンラインなので肌感覚がつかみづらい状況ですが、さすが的確に、また臨機応変に進行して下さいました。

What’s new。1人30秒英語を話すコーナーでは、全員が近況報告。
緊急事態宣言が発令で外出制限中ですが、おのおのの自宅での過ごし方、リモートワークの工夫などを披露。
何はともあれ、まずは元気が一番!

フリートピックのToday’s Xは、Cさんにより英語スピーチ。
今まさにホットなコロナ感染対策の話題。
初期のオーバーシュート以降、上手く対処した韓国の事例を紹介。
国内だけに目を向けがちですが、こんな時こそもっとグローバルな視点は大事ですよね。

本日の準備スピーチは3名です。全員英語にて行われました。

1人目は、M脇さん。魚介類の貿易をお仕事にされているM脇さんのお話はいつもディープなトリビアがいっぱい。
本日もマグロの生態系の話が聞かせてもらえました。
個性的なメンバーから毎回思いがけず新しい知識を得られるのもトーストマスターズの魅力ですよね。

2人目は、F野さん。コミュニケーション能力に長けたF野さんの今からは想像がつかない、20代のころ海外で英語が通じず苦労した話。
奥様とのハワイ旅行の時に、身近にある「和製英語」の間違った使用例を交え、ユーモアたっぷりに語っていただきました。
全体としてしっかりとしたテーマ性を持ちながら、対話形式、また、重要なメッセージをリピートするなど聴衆の心を引き込む技術は本当に勉強になります。

そして3人目は、A坂さん。ご自身のお好きな伊東旅行がテーマ。今回もA坂さんらしい個性や、ユーモアが溢れながらも、含蓄があるオチを持ってこられる。さすがです。

休憩を挟んでテーブルトピックスの担当は、河野さん。
テーブルトピックマスターから突然ふられるテーマに各自がアドリブのスピーチを披露するコーナー。
いつ自分があてられるか分からないので気を抜けないですが、楽しいひとときです。
K野さんは、タイムリーながらも答えやすい話題を選んで下さいました。アドリブスピーチは、それぞれの本音が垣間見れて面白いですね。

論評セッションでは、各スピーカーにフィードバックを行います。
総合論評は、K木さんのコントロールです。

1人目は、O野さん
2人目は、T中さん
3人目は、M山さん
えーと文法論評は、K崎さん

そして、総合論評のK木さんも、それぞれテーマの選び方など独自の切り口から非常に建設的なフィードバックを行っていただきました。

やはりフィードバックは、ちょっとした癖やしぐさなど普段自分では全く気づかないポイントを指摘してもらえるので、本当に貴重な財産ですよね。
特にO野さんの話の構成のポイント、T中さんのユーモアのコツ、また、M山さんの不具合が起きた時の心構え、えーと文法係のK崎さんの「クロアチアの発音」など。
まさに私にとっても目から鱗でした。これが今後の改善点や次に向けた課題に繋がり、成長の糧になるとつくづく実感します。

今夜のベスト賞は、

ベストスピーチ:F野さん
ベストTT:T中さん
ベスト論評:T中さん

皆さんおめでとうございます!

そして、会長のT永さんが最後を締めてくれました。
今年入会した新人が例会の趣旨を理解し、主要な役割を果たしているとの励ましの言葉でした。

本日は、オンライン例会でも参加者14名と、普段とさほど変わらない参加率でした。
もちろんFace to faceでしか味わえないコミュニケーションもありますが、自宅からの参加者も多いためか、くつろいだ感じで進行するのもオンライン例会の魅力。
また、フィードバックや投票などオンラインの難しさもありますが、日々解決しながらどんどんオンライン例会が進化していることを感じます。

外出制限、自粛ムードが続く中、出来ないことに目を向けて悲観するのではなく、ポジティブなこと、できることに目を向け、何とかこの状況をみんなの力で乗り切っていきたいですね!

第312回例会

千代田TMC第312回例会レポート
2020年4月2日(木) 19:00~21:10
オンライン例会

訳のわからない疾患患者が過去最大の97人都内で感染確認されたエイプリルフール翌日、VPE F川さんのオフィスに4名(遅刻1名)オンラインで10名計14名参加の盛会となりました。

TMOE(ToastMaster Of the Evening = 司会)はK木さん。ソツのない事前準備・平日のしかも慣れないオンライン例会でありがちなトラブルを考慮しての出席状況確認と不在者のアサイン変更など、さすがの采配。こういうリーダーシップは、有事の危機管理能力養成になります。今夜の言葉は、”New” 「新しい」
日英バイリンガルの我が千代田TMC、一人30秒英語を話す”What’s new”は独特のプログラムち
です。「まずは話す」これ、とても大事ですね。

準備スピーチ、今日はなんと新たな仲間3人の自己紹介(Icebreaking)スピーチです。
First speaker was Mr. K. He utilize easy understanding PowerPoint visual presentation and provide us very philosophical speech in English.
2人目は、O野さん。彼の座右の銘をタイトルにした、人情味溢れる人柄がにじみ出たスピーチでした。
3人目は、K崎さん。人生の浮き沈みを7分にまとめた、こちらも彼のキャラクターを想像させてくれるスピーチでした。
4人目は、ゲストのT川さん。声色やペース変幻自在で彼女がそこにいるかのような臨場感、T川ワールド炸裂でした。
Table Topics session was organized by Mr. M. He prepared timely but appropriate questions to each speakers in very simple and easy listening English.

休憩を挟んで、論評セッションです。総合論評はM脇さんのコントロールです。
First evaluator was Ms. C. She provided organized and candid evaluation to Mr.K.
2人目は、Kさん。O野さんが仕事で話慣れている事を見通して、”人前で話す”事に注意を払った、さすがの論評でした。
3人目は、F野さん。新会員のK崎さんに対し、長所を褒める、中心の論評。
4人目も、F野さん。才能あるT川さんに対し、チャンピオンになるための”ここをこうすればもっと良くなる”、中心の論評。

えーと・文法報告は、いつもマメなT中さん。ありがたい指摘が満載です。
今夜のベスト賞は、TT: T中さん、論評: F野さん、スピーチ: T川さん
ここで会長のT永さんが登場。最後を締めて下さいました。

オンライン例会の良いところは、ネット環境があれば地球上のどこからでも参加できる事です。テレワークでもう2週間以上出社していない私F野は、もう慣れたもの。
このレポートを読んで興味を持った方、昔の会員の方、海外はじめ離れたところにいる方、参加大歓迎、次回は4/16(木)19時(日本時間)開始です!!

第309回例会

第309回例会レポート

千代田トーストマスターズクラブ第309回例会が、2020年2月6日 千代田区スポーツセンター会議室にて開会されました。
今回の例会レポーターはT中です。

いつもどおり、会長T永さんの挨拶で例会が始まりました。
例会の司会である、今夜のトーストマスター(TMOE)は、クラブの会員担当でもあるI藤さんです。
I藤さんの紹介する今夜の言葉は、「劇的に」/”Dramatically”です。例会に来るたびに、髪型・髪の色が「劇的に」変化しているI藤さんらしいチョイスです。

例会ヘルパーの役割説明が終わると、さっそく準備スピーチのコーナーです。
今夜は4人のスピーカーにスピーチを披露していただきます。うち2人はなんとクラブコンテストを勝ち上がり、エリアコンテストに向けての練習のスピーチとなります。

最初のスピーカーはF川さん、スピーチタイトルは「最大限ディスカウントされた価格で購入しましょう」です。
タイトルを聞いたときには、そりゃそうだよね、誰も高い価格では買いたくないよね、って思ってしまいましたが、実はそんなに単純な話ではなく、まじめな投資の話でした。まじめな話を飄飄と、時に笑いを交えつつ話すF川さんらしいスピーチでした。あぁ投資に回すお金欲しいなぁ。

2番目のスピーカーは、M脇さん。スピーチタイトルは。「さかな」です。
長年、魚関係の仕事をされてきたM脇さんの経験に基づいたお話、特に「鮭」について新しい知識をえることのできる素晴らしいスピーチでした。

ここからは、エリアコンテストに向けての練習となります。
3番目のスピーカーは、T永さん。スピーチタイトルは「攻略本」です。
子供のころのゲームの思い出、そして「攻略本」というキーワードを上手くつかった、仕事や人生についての気づきをうまくまとめた感慨深いスピーチでした。

最後のスピーカーは、U田さん。スピーチタイトルは、「輝く未来」です。
笑いの絶えない、ユーモアあふれる楽しいスピーチでした。そして、U田さんの風貌もタイトルにぴったりでした。

恒例のおやつタイムのあとは、即興でのスピーチスキルを磨くテーブルトピックのセッションです。
今夜のテーブルトピックマスターは、別のクラブにて教育担当をされているA坂さんです。
とてもユニークな4つの質問でした。なにより素晴らしかったのは、指名された方の回答へのコメントです。
すべてを強引に、別のクラブ(Kトーストマスターズクラブ)への勧誘に結び付けるというテクニックを発揮していました、教育担当の鏡としていきたいところです。

さて、十分に時間をとったところで最後は論評のセッションになります。
F川さんへの論評は、T中。M脇さんへの論評はK野さんが担当しました。
コンテストスピーカーへの論評は、通常の形式ではなくK木さんのファシリテートによる全員でのディスカッション形式でおこないました。いろいろな意見のでたところを模造紙にまとめて、スピーカーにお渡しました。
このレポートが掲載されるころには、エリアコンテストの結果も判明していることと思いますが、お二人の検討をお祈りしています。
以上で本日の例会は終了。

ベスト論評は、T中・K野さん
ベストテーブルトピックは、U田さん
ベストスピーカーは、U田さん
でした。

第308回例会

例年なら一番寒い時期なのに早春のように暖かい1月30日、第308回例会が千代田スポーツセンターで開催されました。
この日は会長と教育担当副会長が不在のため、順位3番の会員担当副会長のI藤さんが開会の挨拶をしました。唯一の学生ですが、学業の方も順調との報告がありました。
Image (2)

今夜の総合司会(Toastmaster of the evening)はK野さん。今夜の言葉は「忙しい」”busy”。20代の若手ですから、会社ではさぞかし「忙しい」日々を送っていることでしょう。

準備スピーチは3本。言語の内訳は英語1本、日本語2本。
①新会員のCさん
アイスブレーカー=自己紹介のスピーチとして「新薬の開発」。ご自身の仕事や研究現場のいまの模様をお話されました。現在は、白衣だけが研究者の姿ではないそうです。台湾人のCさんは、日本語をさらに上手に話したいのが入会の理由の一つですが、今回は連絡の行き違いで準備ができず、英語でされました。次回は日本語で再チャレンジしたいそうです。

②前回のコンテストに出場できなかったF野さん。
別のクラブでの日本語コンテストでの必勝を誓って、その練習として取り組みました。タイトルは「目と心」で、家庭での躾について、ご自身と一人娘との親子関係をエピソードとして語りました。
③2回目の日本語スピーチのM瀬さん
老子の言葉「足るを知る」の考え方・生き方について、フランスの哲学者の表現「ブリコラージュ」を交えて語りました。抽象的になりがちなテーマでしたが、スライドのおかげで腑に落ちた聴衆が多かったようです。
Image (1)

即興スピーチにチャレンジするテーブルトピックスの部では、K谷さんが英語での進行に挑戦しました。”Fairy Tale”と統一テーマをもうけ、古今東西のおとぎ話に基づいてトピックを振りました。桃太郎、シンデレラ、白雪姫、浦島太郎、かぐや姫といっただれでも知っている物語なので、英語進行でも話しやすかったようです。テーブルトピックスの位置づけの説明もわかりやすかったです。

論評の部の司会、総合論評はT中さん。スピーチ順に、M脇さん、K、N村さんが個別論評をしました。総合論評では、スピーチ以外の役割へのアドバイスも充実していました。
さて、ベストの受賞は、
●スピーチ:M瀬さん
●論評:N村さん
●テーブルトピックス:K崎さん(ゲスト)
Image
話しきれないメンバーは、2次会へ。今回は普段の海鮮居酒屋ではなく、中華だったそうです。

第307回例会

第307回例会 エリアコンテスト出場選手権(2020.1.16)

2020年初の例会は、エリアコンテストへの出場を決めるインハウス選考会からスタートです!いつもお世話になっています近隣クラブより8名のゲスト、ご見学の方が1名、そして、
選考会後には入会式も予定されています☆

まずは、我らがT会長より開会の挨拶後、早速、英語選考会が始まりました。
英語の部を担当するのはベテランKさん。丁寧にコンテストルールなどを説明されます。
IMG_0044
日英の審査委員長を務めるベテランのTさんからは、全員にコンテストの採点用紙が配布され、自分が審査員になったつもりで点数をつけてみてくださいと、丁寧な審査ポイントの説明がありました。
IMG_0043

英語の部スピーカーは一人でしたので、不戦勝とはなりましたが、さすがT会長!日常によくある体験から、きちんとコンテストスピーチに仕上げられていました。時間内に終了し、T審査委員長のファシリテートの元、T会長への皆さんのフィードバックがありました。なるほど~皆さん、さすがの目の付け所です。
IMG_0046IMG_0048

休憩をはさみ、日本語の部が始まります。
担当するのは、VPEのFさん。日本語は、4名のスピーカーが競いました。

一人目のスピーカーは全国大会に出場経験もあるKさん。
野球をテーマにした素敵なお話でした。

IMG_0052

二人目のスピーカーはこれまたベテランのKさん。
とってもキュートでユーモアあふれるお話でした。
IMG_0053

三人目のスピーカーはすでに英語の部で出場が決まったTさん。
素敵なお兄さんとのエピソードでした。
IMG_0055

四人目のスピーカーはAさん。
就職したころの思い出から今のAさんにつながるエピソードでした。
IMG_0057

そして、栄えある第一位は!なんと、Tさん!!そうです、日英ともに我らがT会長が選ばれました☆おめでとうございます!!!いつも私たち千代田TMCのために一生懸命頑張ってくれているT会長。エリアコンテストに向けて、クラブ一丸となり応援していきます!
IMG_0050IMG_0061IMG_0059
コンテストが終了後は、VPMのIさんコントロールで、入会式が開かれました。この度、私たちの仲間になってくださるCさん。とっても嬉しいですね。これからよろしくお願いします!
IMG_0065IMG_0063

T会長のお祝いに、二次会が盛り上がったのは言うまでもありません☆彡

第306回例会

定刻通り、例会をスタートしました。

非常に楽しい例会でした。

IMG_20191219_185937

IMG_20191219_190520

IMG_20191219_192514

IMG_20191219_200545

IMG_20191219_195612

IMG_20191219_194825

IMG_20191219_194857

K木さんからは、酸性とアルカリ性を混ぜるとどうなるかの実験を披露していただきました!

 

IMG_20191219_193712

 

IMG_20191219_201919

IMG_20191219_202638

 

例会報告 F川

第304回例会

年の瀬を感じ始める11月も下旬の21日、第304回例会が千代田スポーツセンターで開催されました。
この日は会長と教育担当副会長が不在のため、順位3番の会員担当副会長のI藤さんが開会の挨拶をしました。
現在は唯一の学生ですが、TMCでは年齢など関係なく、リードをとる順位や役割分担が定められています。

今夜の総合司会(Toastmaster of the evening)はT中さん。今夜の言葉は「即興」”impromptu”。この日は急な欠席や変更が多く、文字通り”即興”対応な例会進行となりました。

お薦めを紹介する”Today’s X”も、”即興”でTOMEのT中さんが登板。手軽に読めるライトノベルの魅力を語りました。

準備スピーチは3本。
①唯一の英語のスピーチはK谷さん。
“Underground Temple”( CC#7Reserch Your Topic )はスライドを有効に使ったプレゼンテーションでした。先日に猛威を振るった台風19号、埼玉と東京を洪水から未然に防いだ首都圏外郭放水路、愛称・地下宮殿について語りました。
IMG_2360

②横浜日吉TMCからのゲストスピーチで、今季2度目の登場のT橋さん。
タイトルは「マルイチ」で、離婚をバツイチでなくとして肯定的に捉えた、自身の人生転機 のストーリー。TMCではないスピーチ大会への準備ということで、前回とは構成や表現方法を大胆に変えていました。
IMG_2348-1

③急なキャンセルで空いた枠を、TOMEのT中さんが埋めてくれました。
ロンドン出張のよもやま話がウイットのある語り口で、とても”即興”とは思えない出来栄え。イギリス人を見習って、肝心なところ以外はいい加減でいいのでは、というメッセージも、ビジネスマンがほとんどのクラブメンバーの共感を得ました。
残念ながら、T橋さん以外はタイムオーバーでした。
IMG_2359-1

即興スピーチにチャレンジするテーブルトピックスの部では、F野さんが”今年もあと40日”である本日、ほぼ1年前にたてた新年の誓いについて4つのお題を出しました。かつて海外のTMCに出席していたというゲストのO町さんを含めて、I藤さん、K、M瀬さんが機転を利かせた小話を展開。全て時間以内でした。
IMG_2363
IMG_2364IMG_2366IMG_2368

論評の部の司会は、M脇さんが総合論評に初めて取り組みました。入会して日の浅いK野さん、ベテランのK木さん、中堅のN村さんが、スピーカーに的確にアドバイスしました。これも全て時間以内。いまはメンバーが20名未満なので、どんどん役割が回ってきて、いいですね。
IMG_2385
IMG_2373IMG_2379-1IMG_2384-1
さて、ベストの受賞は、
●スピーチ:T橋さん(ゲスト)
●論評:N村さん
●テーブルトピックス:大町さん(ゲスト)
IMG_2388

話しきれないメンバーは、2次会へ。今回は普段の海鮮居酒屋ではなく、中華料理にしてみましたが、たまにはいいですね。
(文責:K)

第303回例会

2019年11月7日(木)19:00-21:00
千代田区スポーツセンター8階第3集会室

本日は、参加人数少なめのアットホームな例会となりました。
開会の挨拶は、会計係のN村さんからです。
通常、開会の挨拶は会長がおこないますが、本日は会長欠席のため、
教育担当副会長が、、も欠席のため、
会員担当副会長も欠席のため、広報担当副会長も欠席のため、
役員である会計係のN村さんの開会挨拶となりました。

千代田トーストマスターズクラブは現役のビジネスマンが多いため、こういうこともたまにはありますが、
それをなんとかしていくということもリーダーシップが試される場と思います。

開会の挨拶に引き継いて、本日の司会(TMOE)はA坂さんです。
参加人数が少ない中、事前の役割の割り振りや、当日の状況に応じた機転のきいた司会っぷりはさすがでした。

ヘルパー紹介は、ダブルロール・トリプルロールが相次ぐ中、みなさん適切な役割の説明をされていました。

What’s Newは、通常一人30秒で近況を英語で報告し、場を温めますが、本日は時間があるので一人1分でおこない、いつもより濃い時間となりました。

本日のテーブルトピックマスターは、初めてテーブルトピックマスターを担当されるM脇さん。
テーマは、Lengthy Night of Autumn/秋の夜長
途中、歌を交えるなどしてユニークなコーナーになりました。

本日の準備スピーチは3名
一人目は、T中さん(私ですが。。。)トピックは、PathwaysのDynamic Leadershipをアニメの萌えキャラで説明するという、無謀な取り組みでした。
二人目は、Kさん、トピックは、Asian Movieのすすめ。飛行機の中で見た韓国映画から始まるAsian Movieへの道。Asian Movie見てみようと思わせる素敵なスピーチでした。
三人目は、K木さん、トピックはスノーボール・アース(氷河期)。リサーチに基づいた情報をうまく七分半にまとめた、内容の濃いスピーチでした。

休憩を挟んで、論評のセッションです。
本日はユニークな取組として、事前に割り当てていた三人の他に、スピーカー以外のメンバーも急遽論評をおこなうことになりました。
N村さん、Kのさん、A坂さん + M脇さん、M瀬さんがそれぞれのスピーカーに建設的なフィードバックをおこないました。

総合論評は、またまたN村さん。本日何回目の登場でしょうか?お疲れ様です。
マルチロールで忙しい中、本日の例会全体に対してフィードバックを行いました。

そして本日の受賞者は、
ベストテーブルトピック K野さん
ベスト論評者 N村さん
ベストスピーカー K木さん
でした。
おめでとうございます。

DSC_0129

第301回記念例会

第301回記念例会2019.10.18 (300回達成記念例会)

いよいよ千代田TMC第301回記念例会がわれらが会長T永さんによって開始されました。
千代田メンバーはもちろん、千代田のOB、そしてArea44の他クラブ、市川スマイル、秋葉原、日本橋センチュリー、メットライフ、新橋からもたくさんの方がゲスト参加していただき、総勢33名での大変盛況な記念例会となりました。

会長T永さんによって今日のテーマ、ひいては今後の目標として、「日進月歩」”Steady Progress”。千代田TMCの今後の発展にふさわしい言葉です。
写真1

またTMOEのT川さんより、今夜の言葉「歴史的」。第300回例会の重みと歴史を感じさせます。

さてさっそく乾杯となりますが、乾杯スピーチを行うのは、最近千代田に入会した若手のイケメンK野さん。タイトルは「これから」。千代田TMCでどういうことをやっていきたいのかという、決意表明を熱く語っていただきました。
写真2

そして、「乾杯!」
写真3

テーブルにはさっそく豪勢な料理が並びます。今宵のディナーを作っていただけるのは渡邉さん。おいしそう!
写真4写真5写真6

歓談を挟んだ後、T中さんによる「今夜の一冊」。おすすめの面白い本を紹介するかと思いきや、まだ読み切っていない本を紹介され、メンバーの笑いを誘いました!
写真7

次はN村さん、M瀬さん主導による「グループスピーチ」。
写真8
お題の「300」を軸に5,6人のグループで一人ずつ順番に話し、一つのスピーチを作り上げていきます!5つのグループの中での最優秀グループはグループ3!300年後から今日の例会にやってきたという設定で大変例会を盛り上げました!
写真9

少々の歓談を挟んだ後,,,
写真10

A坂さんによるTableTopic。みなさん、即興で上手にスピーチをされていました。
写真11写真12写真13

写真14写真15

そして論評・総合論評はKさん。今夜の異例なプログラムの論評を任されましたが、さすがベテラン!堂々と細かい部分も論評されていました。
写真16

最後は表彰者発表!今夜のベスト「正直」賞は、、、新橋のH野さん!おめでとうございます!トーストにちなんでパンがおくられました。
写真17

遅れて登場した今日サイレントの新橋のM脇さんからひと言。
みなさんからいじられながらも、ユーモアのあるコメントをいただきました。
写真18

閉会とともに記念撮影!ゲストの皆さんたくさんのご参加ありがとうございました!
写真19

閉会後は引き続き飲み食いしながらの歓談となり、大変盛り上がった例会となりました。参加していただいたみなさんありがとうございました!!
写真20

第300回例会

2019年10月3日(木)19:00-21:00
千代田区スポーツセンター8階第3集会室

記念すべき例会がスタート
次の飛躍への新たな挑戦が始まります。

会長T永さんの快活な開催宣言で例会スタート!
今回は、M瀬さんの入会式、神奈川TMCのS水さん、飛び入りで中国のTMCのゲストも
参加。おおいに会場が盛り上がりました。
また、見学者の方も3名参加して頂きました。

1)今夜の言葉は、TMOEのF野さん、”Promising” 言葉の意味は、“前途洋々”だそうです。
千代田TMCにピッタリの言葉です。
1fujino

2)続いて準備スピーチ

まづは、T永さん
自分の小さいころから、説きお越し現在に至るまでを、”There’s no one way”タイトルにご自分の考えを存分に英語でスピーチされ、皆さまに深い感銘を与えられました。
t-IMG_20191003_194145_1-2

次は、I藤さんのスピーチです。
タイトルは、”Encouragement of Bouldering” 英語でのスピーチです。
会場の皆様は、スポーツクライミングの話に興味深々でI藤さんの説明に
耳を傾けておられました。
1i-IMG_0253 -1

3)個人論評は、T永さんのスピーチの論評は、A坂さんが英語でお話しをされ、英語での論評に皆さん、感心しきりでした。

I藤さんのスピーチの個人論評は、Kさんが担当
論評の最後に、年齢のいった我々にも、スポーツクライミングをやるとどのような効果が生まれるのかを質問されて、場内を沸かしました。

4)ベストテーブルトピック賞は、神奈川TMCのS水さん、 ベストスピーカー賞は、I藤さん、そして、ベスト論評賞は、Kさんに決まりました。
皆様おめでとうございます。
1hyoushouIMG_20191003_204313_2

第297回例会

2019年9月5日(木)19:00~21:00千代田区スポーツセンター8階第3集会室
第297回例会

会長T永さんの快活なあいさつで例会スタート!

今日はK野さんの入会式があり、盛大な拍手で迎えられました。これからよろしくお願いいたします!
今夜のTMOEはベテランのKさん。今夜の言葉はPROTEST。
紀さんTMOE

さらにToday’s Xもしていただき、今はやりのCityPopについてショートスピーチをされました。

続いては準備スピーチ。
T永さんの「ONSEN~心も裸になれる場所~」スーパー銭湯例会を開催したいですね!
徳永さんスピーチ

K木さんの「K木家勃興物語」実際に家系図を描きながらの見事なスピーチでした。
柏木さんスピーチ

F野さんの「Effective Evaluation」論評についてのスピーチを聴衆とコミュニケーションを取りながら見事に話されていました。
藤野さんスピーチ

TableTopicMasterはF野さん。
とてもユニークな質問ばかりで例会を盛り上げました。

T永さん、K木さん、F野さんへの論評はT中さん、T川さん、F川さんにやっていただきました。
谷川さん論評

藤川さん論評

総合論評は私I藤がおこないました。

ベストテーブルトピック賞はTaiwanTainanTMCからお越しのRitaさん、ベストスピーカーはK木さん、ベスト論評賞はT中さんとT川さんとなりました!
表彰写真
おめでとうございます!

第298回例会

普段より少なめの6名での開催と思いきや、参加可能になったメンバー、見学者やゲストに恵まれ、11名での開催となりました。最終的には13名での例会実施となり、準備スピーチも4本、各スピーチの内容も非常に濃く、大変楽しい例会となりました。その例会の様子をレポートさせていただきます。

IMG_20190919_190327

 

IMG_20190919_191324

最初のスピーカーは、入会間もないK野さん。アイスブレーカースピーチをしていただきました。大部分の内容と全く関係のないタイトルが最後にでてくる、とてもインパクトのあるスピーチでした。

 

IMG_20190919_192258

二人目のスピーカーは新橋TMCから来ていただいたS橋さん。オリンピックを含むスポーツについて、言葉の意味合いという視点も含めたアプローチのスピーチを展開いただきました。これもまた今まであまり見かけない面白いスピーチでした。

 

IMG_20190919_194039

3番目のスピーカーはS田さん。S田さんの好きな絵画を紹介いただきました。
それぞれの絵画の意味と、その画家の人生模様と深い人間関係についてスピーチしていただきました。絵画は知性と感情の産物だと思いますが、それがあふれ出ている様子がスピーチからすごく感じられ、別の世界観に引き込まれました。

 

IMG_20190919_194958IMG_20190919_195026

4番目のスピーカーはT中さん。人間とアンドロイド、あなたはどっちか見分けられる?人間とアンドロイドの差はなにか? という話を、”アンドロイドは電気羊の夢を見るか”の書籍の紹介で始めていただきました。とにかく内容の濃いスピーチでした。AIのほうが人間より効率的に仕事できるし、人間は不必要なんじゃないか、じゃぁ人間はなにができる?人間には共感する能力があるがAIにはない、でも果たして人間にも共感する能力があるといえるだろうか、ビジネスではロジックでの決断が多いし、共感が必要なことはどれほどあるか、といった内容と、今や人間と会話できるAIだけでなく、パラメータを入力して最終的には3次元の妻もできてしまうだろう、という話をしていただきました。パワポスライドもかなり作りこまれていました。

 

IMG_20190919_205043

論評のセッションは、新橋TMCから参加いただいたHさんにやっていただきました。

 

IMG_20190919_202714IMG_20190919_203131IMG_20190919_203454IMG_20190919_203516IMG_20190919_203823

 

 

IMG_20190919_205241

 

ベストスピーカーはT中さん、論評賞はN村さんでした。おめでとうございました!

例会レポーター 藤川

296th meeting

August 29, 2019

Chiyoda 296th / Nihombashi Century 291st TMC Joint Meeting report

Report prepared by Masa Fujino

 

Chiyoda TMC President T announced called to order, then passed the control to TMOE S of Nihombashi Century TMC president.

1

Tonight’s word is “shy”

Timer in Japanese

Vote counter in English

Grammarian and Ah-counter in English

Reporter from each club

1st speaker in English, TM T from Chiyoda.

Sweet memory of his boyfriend with a lot of self-disclosure.

2

2nd speaker in Japanese, TM O from Nihombashi Century.

He is well-known talented speaker and finalist of 2018 autumn contest. Very funny but educational speech.

3

3rs speaker in Japanese, TM K from Chiyoda.

Introduction speech of showa era’s CITY POP.

4

4th speaker in English, TM U from Nihombashi Century.

Very academic contents speech.

5

Table topic session, double topic master H from Nihombashi Century and T from Chiyoda provided questions of summer.

6

 

General evaluator N from Chiyoda.

7

1st Evaluator S from Nihombashi Century TMC, Honest and polite evaluation.

8

2nd Evaluator A from Chiyoda, Personal and emotional evaluation.

9

3rd Evaluator W from Nihombashi Century TMC, Dynamic and accurate evaluation.

10

4th Evaluator K from Chiyoda, Analytical and academic evaluation.

11

It was very fruitful joint meeting!!

12

 

第295回例会

2019年8月1日(木) 19:00~21:00 千代田区立スポーツセンター 8階第3集会室

いよいよ待ちに待った新会長T永さんの挨拶で例会がスタートします。
新会長のスペシャルスピーチがこの後予定されているので、開会のあいさつは短めで、ゲスト紹介の後、司会を今夜のトーストマスター(TMOE, Toastmaster of the evening)に引き継いで例会を進行していきます。

本日のTMOE兼例会レポーターは、私T中Mの担当です。
簡単なあいさつの後、例会をサポートする各役割の説明を、それぞれの担当者がおこないます。本日は多くの見学者にお越しいただきましたので、初めてのかたにもわかりやすい説明をしていただきました。
計時係(スピーチが予定の時間内に終わるようにサポート):A坂さん
集計係(投票用紙を回収し、ベストスピーカーを発表):M瀬さん
えーと文法係(文法の誤りや、「えーと」「あのー」のような不要な単語の使用を、レポートし、スピーチのクオリティ向上をサポート):T中Tさん

つづいては、スピーチ前のウォーミングアップということで、各自がそれぞれ30秒以内で近況を報告するWhat’s newのコーナー。千代田トーストマスターズクラブは英語と日本語のバイリンガルクラブですので、このコーナーでは、なるべく英語を使っていきましょう。ただし、30秒経過したら非情のベルがなりますので、スピーチの途中でもそこで発表終了です。

次のコーナーは、会員の思い入れのある何かを発表する「Today’s X」。本日のプレゼンターは、新会長のT永さん。X = 「とある最近の謝罪会見とシャーデンフロイデ(Schadenfreude)」。大好きな芸能人の謝罪会見の様子と、なぜこの会見が世間で注目されるのか?それは、シャーデンフロイデが関係しているというお話。ちなみに「シャーデンフロイデ」は日本語でいうと「他人の不幸は蜜の味」ということですが、ドイツ語にするとアカデミックな響きになるという不思議。

お待ちかねの新会長T永さんのスペシャルスピーチは、今期の抱負を熱く語る素晴らしいスピーチでした。そして新役員の7人の紹介を「神田の神セブン」として紹介するあたりは、さすがのスピーチテクニックでした。
本日の準備スピーチは3本
1人目は、ベテランのF野さん。「あなたをプロフェッショナルにする3つの言葉づかいPart3」シンプルながらも非常に説得力のあるプレゼンテーションでした。私も明日から気を付けたいと思います。
。。。
じゃなかった、私も明日から気を付けます

2人目は、前会長F川さん。「楽しいスピーチのつくり方を考える」
タイトルを聞いたときには「こんなタイトルにして、このスピーチの内容が楽しくなかったらどうするんだろう?」と思いましたが、そんな自らハードルを上げていくスタイル、私は大好きです。そして内容はもちろん楽しく、そして役に立つスピーチでした。

最後のスピーカーは、先日入会されたA坂さんのアイスブレークスピーチ。タイトルは「自分なりの満足」。A坂さんの人柄が伝わってくるスピーチの内容と話し方となっていました。

おやつタイムをはさんで次のコーナーは、即興のスピーチを練習するテーブルトピックスです。本日回答者に無理難題を投げかけるテーブルトピックマスターは、M瀬さんです。
本日の質問は、「自分の特技」「何になりたいか」「理想の社長像」の3問でした。それぞれにユニークな回答があり、とても楽しいコーナーとなりました。

さて、最後は論評のコーナーです。準備スピーチの3名に対して、論評者がスピーチのよかったところと、さらによいスピーチにするための提案をおこなうコーナーです。本日も3名の論評者(T中T, T中M,  M瀬)が、的確な論評をおこないました。

時間も押し迫り、いよいよ受賞者発表のコーナーです。
本日の受賞者は、
ベストテーブルトピック賞:F野さん
ベスト論評賞:T中Mさん
ベストスピーカー賞:F野さん
でした。おめでとうございます。

295

第294回例会

2019年7月18日(木) 19:00~21:00 千代田区立スポーツセンター 8階第3集会室

新会長T永さんは不在のため、VPE(前期会長)である私、 F川(私)の挨拶で、例会がスタートしました。Toastmaster of evening (今夜の例会の司会進行役)も担当しました。

IMG_20190718_191405

見学者3名、ゲストは日本橋TMCのhさんに来ていただきました。

今回の例会は、すべての準備スピーチは英語、その他のプログラムも大部分が英語で行われることになりました。

新プログラム What’s Xは、Fさんにやっていただきました。本を紹介いただきました。

IMG_20190718_192426

 

その後、準備スピーチはK谷さん、A坂さん、M脇にやっていただきました。

IMG_20190718_192816 IMG_20190718_194704 IMG_20190718_193857

 

F野さんにS谷さんとM崎さん2名分の論評、A坂さんの十尾スピーチの論評は、N村さんにやっていただきました。

IMG_20190718_202818 IMG_20190718_202450

 

論評の後は、私F川が「Pathwaysをみんなで触れてみる」を急遽やることにしました。Pathwaysに詳しいT中さんのおかげで、トーストマスターズの新教材であるPathwaysの知識を深めることができました。

総合論評はT中さんにやっていただきました。的確な論評、ありがとうございます。

IMG_20190718_204910

 

ベストテーブルトピックマスターはT中さん、ベストスピーカー賞はA坂さん、ベスト論評賞はF野さんとなりました。おめでとうございます!

IMG_20190718_205456

 

 

例会の後はいつものように2次会で楽しみました。

IMG_20190718_222327

第293回例会

2019年7月4日(木)

第293回千代田TMC例会@神田公園区民館  (例会レポートはT中です)

梅雨の時期となり、日中も雨が降ったり止んだりを繰り返す天候ですが、公園内の紫陽花も丁度咲き誇り彩り豊かです。

千代田のメンバー、見学者がぞくぞくとあつまり19時から例会スタート!!

 

今夜のTMOEはベテランF野さん

IMG-6447s

事前準備もスムーズに、時間管理もそつなつこなしプログラムに沿って順調に例会が進行してゆきます。

 

役割説明の紹介(本日例会を陰で支える裏方のご紹介)

IMG-6449s IMG-6448s

計時係   (ストップウォッチでスピーチの適切さを調整する時間計測係)→F川さん

集計係   (表彰発表者の開票集計)→T永さん

え~と文法係(例会中のえ~、あの~話し癖、よいフレーズ、気になったフレーズ、今夜  の言葉をカウントし例会最後に発表する)→私、T中です。

例会レポーター(本日の例会の記事を作成)→私、T中です。

おやつ係   (休憩時間のおやつ調達係)→T永さん

 

今回は、入会式が予定されているため、いつものスケジュールとは異なり、プログラムが調整されています。

 

続いて、備スピーチ(4-6分)又は(5-7分)で各々のスピーチ目標に沿ったスピーチをご披露

 

1)「So Many First Time For Me」PathwaysMotivational Strategies

     LV2Understanding Your Communication Style)英語:I籐さん

IMG-6451s

大学の交換留学制度を利用し、スウェーデンに留学していたI籐さん。帰国後、日焼けし、英語力がUPしてクリアーで流暢な英語を披露。留学中の出来事を楽しそうに話してくれました。

学生生活をenjoyしてくださいねl

 

 

2)「へんな人 」パスウェイズ レベル1(アイスプレーカー)日本語:T中さん

IMG-6453s

 

他クラブも含め、現在5か所のクラブに参加しているT中さん。

Ice breaker(初回speech)も一体何度目のFirst speechでしょうかね(^^♪と冒頭でお話しされていました。

Ice breaker(初回speech)のテーマ―はズバリ「自己紹介」

自己紹介って、簡単そうで実は意外と難しい、、ですよね。

入会したきっかけ。現在に至るまでのみちのりをユーモアを交えて話してくれました。T中さんらしさが表れていて、観衆をうまく惹きつけて笑わせてくれました。

5か所目の千代田でも素敵なスピーチを聞かせてください!

 

3)「Mindfulness」 CC#5(Body Language)英語:F、Mさん

IMG-6458s

Body languageがテーマ。Speech中に身振り手振りのactionも交え話すことも

魅力的なspeechへの道への一つです。

グアム出身のFさん。日本に暮らしていると母国とは異なった習慣がある。

食べることが趣味の一つでもあるFさん。

来日して気づいた日本の食にまつわるエピソードを披露してくれました。

とある食堂で見つけたSPF豚(特定の病原体なく、半生でも食べらる豚)にまつわるお話。ご自身の食事中の写真も披露しながらユーモアたっぷりに披露してくれました。

普段、学生に英語を教えているFさん。英語スピードも語り口もソフトで英語が聞き取りやすいです。

これからも、来日して気付いたお話し聞かせてくださいね。

 

ここで、前半の部が終了。休憩時間です。

千代田名物のおやつTIME

おやつ係 T永さん

今夜のおやつはすべてファミリーマートで調達。

最近、都内に増えているファリーマーとにまつわるエピソードもお菓子紹介のさいに併せて披露してくれました。

ここでのおなかと気分リセットの休憩をしつつ、後半の部へ進みます。

 

♪後半の部がスタートです!!

今夜の司会進行は、 総合論評係のK木さん

IMG-6462s

TTM(テーブルトピック、ご質問に即答で答える即興スピーチです)進行はKさん

 

今夜は、相撲番付をうまく利用しながら西と東に分けてトピックを提供してくれました。(ちなみに、進行、質問はすべて英語。)

1、令和、平成にまつわるご質問→M脇さん(英語)

2、今回のゴールデンウイーク10日間day offの過ごし方→N村さん(日本語)

3、東京オリンピックチケットにまつわるご質問→F川さん(英語)

TTMは質問に対して、即興で1-2分内に即興回答することを推奨されています。

指名された3名の皆さまも時間内に自分のエピソードを含めお話しを披露してくれました。

日常でも、会社にいても即興回答しなければいけない部分ありますよね。

そんな時に魅力的な即興力が養うことができます。

 

論評TIME(各論評者が準備スピーカーへ本日のスピーチ良かった点改善点など気付いたことを伝えます)

IMG-6480s IMG-6464sIMG-6465s

1、F川さん→I籐さんへの論評(英語)

⇒F川さんは手の身振り手振りのボディアクション印象的で手の動きでも語っているかのよう。英語もネイティブ並み。終始威圧感なく、スピーチの良かった点を述べていました。

2、T永さん→T中さんへの論評(日本語)

⇒T永さんは、終始さわやかに論評します。良い点3つ、(語りがいい、ストーリが分かりやすい、時間内に話すことができ時間管理がよい)改善点1つ(ジェスチャーを含めたほうがより印象的なスピーチになる)と新会長らしく丁寧に論評されていました。

3、S田さん→R、Fさんへの論評(英語)

⇒S田さんも、日常でも英語を使用しお仕事をされているため、キレッキレのネイティブな英語を披露してくれます。R、Fさんのスピーチ中の良い点を堂々と、スピーチ中に提示したSPFの説明カードをカラフルに色を付けて提示するとより聴衆にも伝わりやすいと提案されていました。

 

それぞれ、準備スピーチ、TTM、論評がおわり、本日の表彰者の投票集計のまとめを担当者が行います。

その合間に、

 

え~と文法報告 T中

スピーチ中に気になった口グセをされていた人への口グセカウント→”えー”と話す癖が若干気になった。

本日の言葉をスピーチ中に誰がどれ位使用していたかの発表、

本日のスピーチ中に耳にした良かったフレーズを発表しました

♪話す練習を繰り返していくと、”あー”やら”えー”など口ぐせが減り、アナウンサーのようなよどみない、話し方に変わってゆきます。

♪TMCはスピーチの練習の場。自分が普段気付いていない話しグセ知ることが大事。

 

最後に総合論評のK木さん

ベテラン会員のK木さんから、今夜の例会を俯瞰して例会全体的な論評をしてくれました。

全体を見渡して、的確に話すことができる判断力、俯瞰力を養うことは大事。

 

♪いよいよ表彰のお時間です

ベストTTスピーカー賞:M脇さん

ベスト論評賞:T永さん

ベストスピーカー賞:T中さん

おめでとうございます!

s_IMG-6467

 

本日は7月から3名の新たな入会者がおり久しぶりに入会式が行われました。

今回から、入会進行はI籐さん。

・M脇さん(今回、新規加入)

・T中さん(他クラブ含め、5クラブに在籍中)

・A坂さん(他クラブにも在籍中)

IMG-6474ss_IMG-6478

 

千代田メンバーと共にM脇さん、T中さん、A坂さんあらたにを頑張ってゆきましょう。

例会、閉会。

♪この後は有志でお疲れ様の懇談会の場所に移動しました。

 

~編集後記~

今夜は、新たに3名の入会者が加わり久しぶりに入会式が開催され活気づきました。

見学者も、新規で2名参加してくださいました。

千代田の今年の目標は会員倍増計画!話す練習は沢山できる環境になっています。

メンバーのほとんどが社会人。

例会当日は昼間の仕事調整をうまく行いながら皆さん、例会に参加をしています。

急な、仕事が入ったり、時間が押したりすることも社会人だとよくあり得ると思います。

私も、当日は開始時間に若干遅れての参加となりました。そんな中であっても、参加者みんなで対応して例会がスムーズに進行してゆきます。時間管理力、調整力も身に付きます。

千代田TMCは会員歴、さまざまで様々なバックグランドをもつ社会人中心のクラブです。

例会に参加していると、新たな発見が毎回あります。

スピーチに興味をお持ちの方、表現力を学びたい方、遊びにきてくださいね!!

次回は、第四木曜日に7/18開催予定です。是非、遊びに来てくださいね(^^)/

 

 

 

 

 

第292回例会

2019年6月20日(木) 19:00~21:00 千代田区立スポーツセンター 7階第1集会室

会長 F川(私)の挨拶で、通常通り例会がスタートしました。Toastmaster of evening (今夜の例会の司会進行役)も私が担当させていただきました。

今夜の言葉 「あつく」(英語ではEnergetic、hot)を発表しました。その後、計時係と集計係はT永さん、えーっと文法係はK木さん、例会レポーターはF川(私)に、役割・目的説明を頂きました。

IMG_20190620_191845 IMG_20190620_191941

最初のスピーカーは、S田さん、スピーチタイトルは「Discovery of Kagurazaka culture」、2番目のスピーカーは、Frさん、スピーチタイトルは「Clean House」、3番目のスピーカーはKさんでスピーチタイトルは「 Young women try Wagashi Business」でした。どれも学びと発見のあるスピーチでした。濃い内容を聞きたい方は、ぜひ実際に遊びに来てください。

IMG_20190620_192759 IMG_20190620_193751 IMG_20190620_195542

休憩の後は、テーブルトピックススピーチを行い、T永さんにテーブルトピックスマスターをやっていただきました。ビジュアルエイドたっぷりで、懐かしいクオリティーの高い写真をたくさん交えてお題を振っていただきました。

IMG_20190620_201459  IMG_20190620_202555

総合論評はT中さんにやっていただきました。

多数の方に今夜の言葉「あつく」”Energetic/hot”を使っていただきました。

IMG_20190620_204837

ベストスピーカー賞はS田さん、ベスト論評者賞はI藤さん、ベストテーブルトピックス賞はゲスト参加のT中さんとなりました。おめでとうございます。

IMG_20190620_205122_2

2次会も多数の方に参加いただき、盛り上がりました!

IMG_20190620_215211

今回の例会は、ゲスト1名、見学者4名、会員9名でした。見学者やゲストの方々の入会宣言が相次ぎ、低下気味だった会員数が増加傾向に転じ、うれしい限りです。

今回もかなり盛り上がり楽しい例会でした。

例会レポーター: F川

第291回例会

千代田トーストマスターズクラブ第291回例会
2019年6月6日(木)19:00~21:00@千代田スポーツセンター7階第1集会室
例会レポート担当:N

トーストマスターズ年度は7月に始まり6月に終わります。今期一年間は、10周年例会などの特別例会、District76全国大会英語コンテストのホストなど、盛りだくさんの一年となりました。さて、年度末。会員数が減少してしまったのは残念ですが、今回はお二人のゲストとお一人の見学をお迎えし、我らが会長の挨拶で例会が始まりました!

今夜のトーストマスターTMOEは全国大会ではコンテストチェア、そして一年間教育担当副会長VPEとして活躍されたTさんです。今夜の言葉は誇らしい/proud。そんなクラブが誇らしいです!
IMG_1393

サポート係は、

計時係、集計係 Mさん
IMG_1394

えーと分法係 ゲストのTさん

例会レポーター 私です。

ウォーミングアップwhat’s new?では、各自30秒近況などを話します。

テーブルトピックスを担当するのはTさん。最近の話題にまつわるお題でした。
IMG_1395

①令和でスタートしたことは?

②WEBにまつわることをお聞かせください。

③お笑い芸人とのエピソード

④真面目に生きていればいいことあるんだなというお話しを聞かせてください。

3名の準備スピーチ。

①Fさん タイトル「Attitude Of Gratitude」英語

今期私たちの仲間入りしてくれたFさん。千代田の良いポイントをボーカルバラエティとボディランゲージを駆使し、熱く伝えていました。Fさん、そんな風に想ってくれて、本当に嬉しいです!
IMG_1397

②Kさん タイトル「猫、禁止」日本語

キタ━(゚∀゚)━!笑。我らがKさんの全国大会スピーチの再現です!やっぱり楽しいなぁ…満喫させていただきました!Kさん=猫の人って言われるほど有名なスピーチです。
IMG_1399

③Fさん タイトル「Chemistry」英語

こちらもコンテストで披露された素敵なスピーチの再現!Chemistryと聞くと、Fさんのこのスピーチが頭に浮かびます。Fさんの専門分野と仕事、人とのつながりが見事に調和されています。
IMG_1402

休憩をはさみ、論評タイムの担当はNさん。三名の方とも、皆さんの良いところ、改善点などするどい視点で論評いただきました。

①Fさんへの個人論評はFさん。
IMG_1403

②K木さんへの個人論評はKさん。
IMG_1405

③F野さんへの個人論評はゲストのMさん。
IMG_1408[2]

お待ちかね…表彰者発表は

ベストテーブルトピックス賞 見学ご参加のMさん

ベスト論評賞 ゲストご参加のMさん

ベストスピーカー賞 Fさん
IMG_1410

おめでとうございます☆彡

その後、役員選挙が行われ、無事に次期役員が専任されました。
IMG_1413

IMG_1417

来期もよろしくお願いします!!

前期会長のFさんより、千代田TMCは「Select Distinguished Club」の表彰をいただいたという報告がありました!!!
IMG_1419(1)

今回の例会で何より嬉しかったのは、人数が少ない中、ゲスト・見学の皆さんが快く役割などを引き受けていただいたこと、そして最後に入会の意思を示していただいた方がいらっしゃったことです!来期は新たなメンバーと共に、さらに楽しく活動していきましょう!!!

アーカイブ